1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社ヤマノビューティメイトグループ

攻めと守りで夏に立ち向かう!透明感とうるおいで若々しい肌を目指そう

更新日:2017/06/01

今あるシミも未来のシミもどうにかしたい!

シミが気になる女性

気温も湿度もぐんぐん上昇し、紫外線の影響が気になる夏。生活シーンに合わせて、複数の日焼け止めを使いこなす方も多いのではないでしょうか。

日焼け止めは、日焼けによるシミを防ぐ頼もしい味方ですが、今あるシミをどうにかすることはできません。長年紫外線を浴び続けてきた大人の肌には、シミをつくらせないケアと、できたシミにアプローチするケアの両方が大切。

効率よくスキンケアを行うために、シミができるメカニズムをおさらいしておきましょう。

シミができるメカニズムと守りの対策

シミができるメカニズム

肌に影響を与える紫外線には、UV-AとUV-Bがありますが、シミの原因となるのは主にUV-Bです。UV-Bは、波長が短くエネルギーが強い紫外線。浴び続けると、表皮(肌の表面)の細胞に大きなダメージを与えます。 すると肌は、メラノサイト(色素細胞)に「メラニンをつくれ!」と命令。過剰に生成されたメラニンに、チロシナーゼという酸化酵素がはたらきかけることによって黒色メラニンを生成します。まるで、メラニンで黒いカーテンをひくように、紫外線から肌細胞を守ろうとするのです。

本来であれば、生成されたメラニンは、ターンオーバー(新陳代謝)の過程でアカとともに排出されます。ところが、ターンオーバーが追いつかないほどにメラニンが生成されると、肌に蓄積してシミになってしまうことが…。

未来のシミ対策は、 下記2つがポイントです。
・メラニンの生成指令を阻止すること
・メラニンを黒色化するチロシナーゼの活性を抑えること
そして、今あるシミには、攻めのケアでターンオーバーにアプローチしましょう。

受けてしまった紫外線ダメージには攻めのケア

紫外線ダメージをケアする女性

蓄積してしまったメラニンをシミにしないためには、ターンオーバーが乱れにくいすこやかな角質層に整えること。ターンオーバーの乱れは、加齢だけでなく肌の乾燥も大きく影響します。

夏は汗でベタつきやすく「うるおっている」と思いがち。そのため、冬に比べて保湿ケアがおざなりになる方も多いようです。さらに、日中に受けたUV-Bや冷房の影響が加わり、思った以上に夏の肌は乾燥していることがあります。

夜はしっかり保湿ケアして、日中の乾燥ダメージをリカバリー。肌のすみずみまでうるおし、紫外線ダメージ(※)を受けにくい「戦える肌」へ整えることも大切です。
※乾燥など

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート