スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社コーセー

がんばる女性は「乾燥」してる!?弾むようなハリ肌キープの基本ケアとは

更新日:2018/06/01

いつもより乾燥する肌…ストレスが原因かも?

乾燥肌やハリに悩む女性

いつも通りにスキンケアをしているのに、ふと肌のカサつきや目元、口元の小ジワが気になる…。

働き盛りの女性は、何かとストレスを抱えがちですよね。多忙や心配事で睡眠不足になったり、食欲不振や暴飲暴食で栄養の偏りがあったりすると、血行不良や肌のターンオーバーの乱れを引き起こします。

すると肌の潤いが生まれにくくなり、乾燥や肌あれのきっかけに。特に皮膚が薄い目元やよく動かす口元は、小ジワが進行しやすくなります。

肌の調子が悪いと、さらにストレスがたまってしまいますよね。基本のスキンケアを見直して、潤いとハリに満ちた肌を手に入れましょう!

肌をカサつかせないスキンケアをおさらい

保湿スキンケアに満足な女性

肌の乾燥を防ぐためには、どんな化粧品を使うかはもちろん「どう使うか」も重要。基本のスキンケアを3ステップで紹介します。

1.化粧水を丁寧につけて肌をやわらげる

肌が潤って柔軟になると、その後につける化粧品がなじみやすくなります。化粧水の使用量が少ないと、角層のすみずみまで潤いがいきわたりません。規定量を守って、ポンポンと肌に押し込むようにやさしくなじませましょう。肌がひんやりとしてきたら、きちんと潤ったサイン。足りないときは重ねづけがおすすめです。

2.美容液で潤いを閉じ込める

化粧水で補った水分と、肌本来の水分を蓄えてくれるのが保湿美容液。美容液には美白を目的としたものやエイジングケアを目的としたものなどがあります。気になる目元、口元にもなじみやすく、保湿成分を豊富に含むものを選びましょう。

3.クリームで油分を補い乾燥から肌を守る

化粧水で肌を整え、美容液で保湿成分を補った後は、クリームでしっかり保護しましょう。適度な油分が肌あれを防ぎ、肌をなめらかにする効果があります。皮脂の多いTゾーンは少なめに、皮脂が少ない目元や口元はしっかりと。部位に応じて量を調整するとよいでしょう。

乾燥が原因のハリ不足や肌あれが気になるなら、肌を保護してくれるクリームはマストアイテム。季節を問わず取り入れて、乾燥から肌を守りましょう。

守るだけじゃない!ハリを引き出すクリームを選ぼう

クリームをつける女性の手元

クリームを選ぶときは、肌表面の保護に加え、肌内部(角層)のケアもできるクリームに注目です。

潤いに満ちたすこやかな肌の角層は、肌が自ら生み出すセラミドで満たされています。セラミドは水分をしっかり挟み込んでキープ。また角層の乱れを整える役割があるため、セラミドが豊富な肌は、ピンッとしたハリに満ちています。

「ライスパワーNo.11」は、そんなセラミドのはたらきをサポートするお米由来の保湿成分。潤いを与えるだけではなく、肌本来の自ら潤う力を引き出すのが特徴です。ライスパワーNo.11配合のクリームで、目元・口元のみずみずしさを引き出し、ハリをはぐくみましょう!

ピンッと弾むハリ肌に導く「米肌」肌潤クリーム

コーセー 米肌「肌潤クリーム」

米肌の「肌潤シリーズ」は、充実感あふれる潤いで肌をしっとりと包み込む、高保湿なスキンケアライン。『肌潤クリーム』はなめらかな使い心地ですばやく肌になじみ、しっかりとした保護膜を形成する保湿クリームです。

ライスパワーNo.11のほか、保湿・保護効果に優れた大豆発酵エキス、角層内の潤いをサポートするビフィズス菌発酵エキス、角層の天然保湿因子(NMF)の主要構成成分である乳酸Naなどを配合。

クリームを肌の上でのばすと、豊富な保湿美容成分を含むカプセルがほどけて角層の内部に放出します。さらにエモリエントオイルが肌表面をラッピングして肌を保護。モイストキープ&バリア効果で潤いを長時間キープしながら、乾燥ダメージから肌を守りハリのある肌に導きます。

肌潤クリームで、目元も口元もなめらかなハリ肌を目指しましょう!

お米のチカラを追求。「米肌」で弾むようなハリ肌へ

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー