あなたの肌老化を防止する!美肌成分フラーレンのパワー

恵比寿メディカルビュークリニック 川端愛子先生監修

愛知医科大学を卒業後、病院やクリニックにて皮膚科、美容皮膚科に携わる。
2011年、恵比寿メディカルビュークリニックの院長に就任。
常に高品質な美容医療技術を追求し、お客様一人ひとりのお肌に合わせた治療で、
美と健康をサポートいたします。

※医師の監修・説明はあくまで一般的な現象など一部についてのみであり、特定の成分の効能保証や商品の購入を推奨するものではありません。

フラーレンを徹底解析

image1

今、美容雑誌やテレビなどで度々取り上げられている美容成分"フラーレン"。
若々しいお肌になりたい方のサポートが期待できる成分です。
まずはフラーレンと美肌の関係をここで徹底的に掘り下げていきます。年齢による肌ダメージや乾燥、毛穴の汚れなどが気になり始めた女性必見です。肌年齢ケアに使えるフラーレンとは…?

フラーレンが持つパワー

image2

皆さんの中にも「フラーレン」という言葉を聞いたことがある人がいると思います。年齢を重ねてくるとどうしても紫外線を浴びたりしてしまい、お肌に気になる部分ができることも。フラーレンは年齢を重ねたお肌にもうるおいを届ける成分です。こちらでは、フラーレンの保湿パワーと角質層への浸透に優れたリポフラーレンについてご紹介します。

活性酸素と肌老化の関係

image3

肌トラブルや肌老化の元凶となる「活性酸素」は肌の老化と大きく関係しています。 紫外線やストレス、喫煙、不規則な生活習慣などが原因で発生し、肌の老化を進めてしまうのです。このページでは、元凶である活性酸素をケアするポイントをご紹介。そのシミ、シワ、実は活性酸素が原因かも…?規則正しい生活や、栄養のバランスを考えた食事なども体のためには有効でしょう。

フラーレン(保湿剤)が入った化粧品の体験レポート

image4

5年前や10年前の頃に比べて、肌の衰えが気になってしまう方は多いはず。できることなら、今の状況をどうにかしたいと思うのはあたり前です。ここでは、同じように悩んでいる30代女性によるフラーレン(保湿剤)入りの化粧品を体験したレポートをお届けします。肌質に合うか確かめながら、約1ヶ月間に渡り使用して頂きました。もちろん、個人差がありますので効果などを保証するものではありませんが、自分の肌にあった化粧品を見つける参考にして頂ければ幸いです。

スキンケア大学オススメ!
ナチュール + MD エッセンス F

肌年齢ケアで注目されている成分、フラーレン(保湿剤)配合のオイル美容液。マイクロスクワラン(保湿剤)や3種のビタミン(いずれも製品の抗酸化剤)も配合で、紫外線などの外的刺激や年齢による肌ダメージで乾いてしまったお肌にもうるおいを与えます。水分や油分を補い保ちながら、しっとりとハリとうるおいに満ちた肌へとサポートします。テクスチャーはオイルなのにベタつきにくく、角質層のすみずみまでにスッと浸透。サラリとした使用感も特徴です。そして、リポフラーレン(保湿剤)を規定値以上配合した証である「L.F.マーク(製品の安全性や効果を保証するものではありません)」も。
※石油系界面活性剤・鉱物油・香料・着色料・ノンパラベン

MDエッセンスF

フラーレン美容液の詳細はこちら

※外部ページにリンクします

提供元:株式会社ジェルニック掲載日:2013/11/01