乾燥・敏感肌のための基礎化粧品えらび!

恵比寿メディカルビュークリニック川端 愛子先生

川端 愛子 先生

お客様一人ひとりの求める最善の美を追求し、高品質の美容医療技術を用いて、皆様の美と健康をサポートいたします。赤ちゃんからご年配の方まで、あらゆるお肌のトラブルに対応いたします。どんな些細な悩みでもお気軽にご相談ください。

川端 愛子 先生

そもそも、乾燥肌と敏感肌って?

カサカサに悩まされる乾燥肌

カサカサに悩まされる乾燥肌

多くの女性が悩む肌トラブル「乾燥肌」。私は乾燥肌ではない!と思う方も、今ご自分のお肌をさわってカサカサしていると感じたり、最近化粧のりが悪くなった…と感じることはありませんか?これらに少しでも心あたりがある方は、乾燥肌の傾向にあるかもしれませんね。

カサカサの乾燥肌になってしまうのは、肌の水分含有量が低下し、皮膚の表面にうるおいがなくなるから。そして乾燥肌はお肌がカサカサになってしまうだけではなくウイルスや刺激物など外部から侵入する異物から守るバリア機能も低下してしまうため、数々の肌トラブルを招きやすい肌質なのです。また、乾燥がさらに進むと敏感肌になってしまう場合も。つまり、乾燥肌はお肌にとってすぐにでも対策すべき状態だと言えるでしょう。

"ピリピリ"する…刺激に弱い敏感肌

乾燥肌が進行し肌のバリア機能が低下していくと、「外部刺激を受けやすくなる」「化粧水がしみる」「かぶれて赤くなる」「髪や衣服がふれるとかゆくなる」といった症状が出てきます。これこそが敏感肌の症状であり、現代女性の約70%が「自分の肌が敏感肌である」と意識しているともいわれているのです。また敏感肌には生まれつきのものもありますが、何らかの原因により敏感肌になってしまう方が多く、「肌に化粧品が合わないだけ」と考えてしまう方も多いようです。もし敏感肌になってしまった場合、正しいスキンケアを行わないとさらなる悪化の道をたどってしまうこともあるので注意が必要です。

どうしてカサカサ、ピリピリしてしまうの?

カサカサ、ピリピリの原因

肌がカサカサするのはなぜ?

乾燥肌の根本の原因である「肌の水分含有量の低下」。では、肌の水分含有量が低下する原因は?ずばり、私たちの生活上にある、紫外線・エアコン・空気の乾燥や、強くこする洗顔、洗いすぎ、加齢などが原因なのです。これらによりお肌のバリア機能が衰えてしまい、カサつく乾燥肌となります。

川端 愛子 先生

ドクターコメント

ドクターコメント

バリア機能を低下させないためには、失われた肌の水分を補うべく、保湿することが重要です。肌が乾燥した状態が続いてしまうと、ちょっとした刺激で赤み・かゆみを伴う敏感肌になってしまうこともあるので、しっかりと水分を与えお肌を守りましょう。

肌がピリピリする原因は?

敏感肌は乾燥肌と同様で、皮膚のバリア機能の低下が原因です。また、「いつも使っている化粧品なのに突然ピリピリする…」というような症状を感じたら要注意!ストレスや過労、ホルモンの変動による肌質の変化で、知らず知らずのうちに刺激に弱い敏感肌になってしまうことも。

川端 愛子 先生

ドクターコメント

ドクターコメント

敏感になっている肌は刺激に弱い状態のため、常に肌トラブルが起きる危険性があります。特に気をつけたいのは、スキンケアをするつもりで使った化粧品によるトラブルです。
これは、肌に合わない成分が含まれていることや正しいスキンケアができていない場合が考えられます。そうならないためにも、どんな成分が肌に合わないのか?どんな化粧品を選ぶべきなのかを、知っておく必要があります。

どんな基礎化粧品を選べばよいの?

ピリピリ肌を予防!カサカサ肌に効果の高い保湿を

カサカサ肌に効果の高い保湿を

バリア機能が低下している乾燥肌に、水分を補うために必要な「保湿」。乾燥肌の悪化でなる次なるステップ、赤みやかゆみを伴う敏感肌になることを防ぐためにも、しっかり保湿をしてお肌を守りましょう。
近年、保湿効果が望める化粧品が多く販売されていますが、中でも保湿効果が高く人気があるのはヒアルロン酸配合のもの。ヒアルロン酸は元々人の肌にあるものであるため肌になじみやすく、水分を守る能力が高いとされています。そのため、肌の失われた機能・バリア機能を補うためにはヒアルロン酸配合のものを選ぶとよいでしょう。

低刺激化粧品でピリピリ肌を守りましょう

化粧品の成分でもピリピリしてしまう敏感肌には、「低刺激」な化粧品を選ぶことが重要です。低刺激な化粧品とは、肌への刺激になりにくい成分が含まれていない製品を指します。具体的には、「アルコールフリー」「無香料」「無着色」「防腐剤不使用」などの表記がある製品を選ぶことが望ましいと言えるでしょう。また近年敏感肌用化粧品も多く販売されていますが、それらの成分表記がどう書かれているか、敏感肌を悪化させないためにもそれらの表記をきちんと確認することも必要です。より刺激の少ない、自分の肌に合った化粧品を選びましょう。

スキンケア大学オススメ!

MR化粧品シリーズ

MR化粧品シリーズ

(リフレッシュパウダー、スキンローション、
エクストラエッセンス、MRパック)

「皮膚自身が美しく整える働きの手助け」をコンセプトに、生命の持つ力、そして肌のことを第一に考えて開発されたMR化粧品シリーズ。
肌に不要な添加物を限界まで省いたため、102種類の旧表示指定成分も使用しないという徹底ぶりです。そしてこの製品のさらなる魅力は、無石油系防腐剤、無殺菌剤、無石油系界面活性剤、無合成ポリマー、無香料、無着色、無鉱物油、ノンメチルアルコールの「9つの無添加」が約束されている点。そのため、肌への刺激が気になる方におすすめの化粧品なのです。

商品紹介ページへ

提供元:株式会社MRプラザ掲載日:2015/01/01