デリケートゾーンのニオイやかゆみ、痛みの原因とは ?

福山千代子先生

監修:アヴェニューウィメンズクリニック院長 福山千代子 先生
産婦人科医として都内の総合病院に勤務。2009年、アヴェニューウィメンズクリニックの開院時から院長を務める。
私たち女性は初経を迎えてから、月経痛や月経不順、月経前症候群、そして更年期と人生の多くの時間を女性ホルモンに影響されています。当院では女性ホルモンと上手に付き合うことにより健康で活き活きとした人生になるようなお手伝いができればと思っています。
■デリケートゾーンのトラブルに悩む女性は多い
「かゆみを感じる…」「ヒリヒリする…」など、デリケートゾーンの症状が気になったことはありませんか?ちょっと人には相談しにくい…と、悩みを抱え込んで不安になっている女性はたくさんいます。そして、何となくの知識で最初のうちは優しく洗ったり、気にして様子を見ているのですが一向に治まらず、それどころか症状が悪化してしまうというケースもあります。
■雑菌や刺激が多くトラブルになりやすい部分
もともとデリケートゾーンはワキと同じように汗腺があるので、ムレやすい構造になっています。女性のデリケートゾーンは、おりものや生理などによって雑菌が繁殖しやすく、かぶれやニオイのトラブルになりやすい肌環境です。さらに、下着やナプキンが接触するので、皮膚への負担や刺激となり炎症を起こしやすい部分でもあります。また、デリケートゾーンの皮膚は、手や顔よりも敏感で刺激に弱いため、トラブルになりやすい部分なのです。
■洗いすぎは、かえって肌トラブルの原因に
デリケートゾーンの肌トラブルを避けるためには、健やかな状態を保つことが必要です。しかし、清潔にしようとするあまり、ボディソープなどで入念に洗ってしまうと、人によっては肌トラブルや症状の悪化に繋がってしまうので注意が必要です。デリケートゾーンの皮膚には、雑菌から守ってくれる“常在菌”が存在しているのですが、洗いすぎることでこの菌まで落としてしまいます。雑菌から皮膚を守ってくれるものがなくなってしまうと、かぶれやニオイを発生しやすくなってしまいます。
※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

デリケートゾーンに必要なのは「やさしさ」

■デリケートゾーンとボディの違い~皮膚の厚み~
デリケートゾーンの皮膚はとても薄く、角質が4層ほどしかありません。角質とは皮膚の表面にある0.02mmしかない薄い膜。つまり、たった0.08mmほどの薄さで肌のうるおいを保ったり、外部からの刺激や菌から守っているということです。それに比べて、体の角質は厚く、約15層あります。手のひらではおおよそ50層、最も厚いかかとで150層ほどあります。
■デリケートゾーン用の石けんを
このように繊細な皮膚をもつデリケートゾーンには、ボディとは一線を画したケアをして守ってあげる必要があります。ボディ用として作られている石けんでは、刺激が強すぎてしまい、薄い皮膚を傷つけてしまうだけでなく、常在菌まで洗い流しかねません。とはいえ、ムレやすい場所でもあるため、清潔に保つ必要もあります。そこで、洗浄力や成分など、デリケートゾーンのために開発された石けんを使ってやさしく洗うことが大切なのです。
■刺激の少ない石けんでニオイや汚れもケアできる !?
デリケートゾーン用石けんは皮膚にやさしいけれど、ニオイや汚れを落とす効果が弱いのではないかと感じる方もいるかもしれません。しかし、ニオイの原因は“雑菌”です。常在菌が流されてしまうと、この雑菌が増殖してしまいニオイが悪化することに……。デリケートゾーン用石けんを使うことで、この常在菌を守りながら不要な汚れを適度に落とすことができるので、ニオイ対策になります。また、皮膚を傷めることは色素沈着にもつながります。デリケートゾーンをきれいに保つためにも、デリケートゾーン用のものを用意しましょう。

正しいケアでニオイやムズムズを防ぐ

■後悔しないよう、今からケア意識を持つ
デリケートゾーンの皮膚トラブルは、普段の洗い方やケア方法が影響してくるので、やはり日常的に正しい洗い方とケア方法を実践していくことが重要です。「これまで何もなかったから大丈夫」と思っていたのに、ある日からムズムズする刺激を感じるようになったという方がたくさんいます。女性の大切な部分だからこそ、後悔しないよう日頃からしっかりとケア意識を持ちましょう。
■私たちが思っている以上に、デリケートな部分です
デリケートゾーン用ソープを使うからといって、ゴシゴシとこすってしまったり、入念に洗ってしまうのはトラブルの原因になります。優しく洗うだけで余計な汚れを落とすことができるのですが、刺激を感じている方は、余計に洗ってしまうことがあるので注意が必要です。洗いすぎは、かえって悪化してしまうことを理解することがポイントです。そして、デリケートゾーンはとても敏感な部分であることを意識して、皮膚に優しいケアを心がけていきましょう。

やさしい成分で肌トラブルをケアするデリケートゾーン用石けん

■ジャムウ石鹸ジャムウソープ ペマエンジェル レディハート

ジャムウソープ ペマエンジェル レディハート

デリケートゾーンのトラブルに悩んでいた女性がやさしさにこだわって自ら開発したデリケートゾーン用石けんです。泡立ちがよく、付属のネットを使うとさらにフワフワとした柔らかな泡ができるので、摩擦による刺激も与えず肌を包み込むようにやさしく洗えます。

ジャムウをはじめとした植物エキスや月桃エキスが配合されているので、ニオイや汚れのもとを落としながらトラブルから守ってくれます。美容液に使われる成分「ホワイト377」も入っているので、気になる色のトラブル対策として顔やボディへの使用もおすすめです。ローズ系オイルも配合されているので、女度がアップしそうなのも嬉しいですね。(スキンケア大学編集部)

商品詳細はこちら

提供元:アビエルタ株式会社掲載日:2015/08/01