スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

「乳液」の効果と種類について

更新日:2016/12/09 公開日:2013/02/28

「乳液はべたつくから使わない」、「脂性肌だからスキンケアは化粧水だけ」などという方がいたら、乳液をすこし誤解しているかもしれません。

乳液は、殆どが水分でできている化粧水とは違い、20~30%の油分を含んでいます。でも、それは化粧水や美容液の成分をお肌に閉じ込める蓋の役割を担っているから。そして、乳液自体にも潤いを与える効果があるため、「お肌に潤いを与える+蓋をして乾燥を防ぐ」という二つの効果をもっています。洗顔、化粧水に続いて乳液をつけるところまでが、スキンケアの基本となり、どれも外せない要素です。更に、乳液の前に美容液を、乳液のあとにクリームをプラスすることもできます。

乳液のべたつきが気になる方は、その乳液が合っていないのか、量が多すぎる可能性が考えられます。脂性肌の方でも、乳液なしではお肌は乾燥してしまいますから、さっぱりタイプの乳液を選んで、化粧水の後に適量を使用することをオススメします。

乳液の種類

乳液の種類は、「保湿乳液」、「UV乳液」、「ティント乳液」の3つにわけることができます。
保湿乳液は、いわゆる一般的な乳液全般のことです。UV乳液は、乳液の保湿効果に美白効果を加えた乳液です。具体的には、紫外線をカットすることと、メラニンの合成を抑えてしみやくすみを防止するWの効果を謳うものが多いようです。

ティント乳液は、乳液の保湿効果に化粧下地としての役割を加えた乳液です。スキンケア後にメイクをする場合、メイクの工程を短縮でき、とても便利です。中には、紫外線をカットする効果のあるものもあります。

乳液の効果的な使い方

乳液は、基本的に洗顔後のスキンケアには毎回取り入れることをオススメしますが、脂性肌の方ならTゾーンには少な目にするか、つけなくてもよいと思います。また、ケア後にメイクをする朝と、ケア後に就寝する夜でタイプの異なる乳液を使い分けるのは効果的です。

就寝中はお肌から水分が失われる一方です。乳液をたっぷりめにつけたり、乳液の後にクリームを使用すれば更に保湿効果が高まりますし、就寝中のお肌の再生を促すこともできます。万全のケアをして床に就く習慣をつけると、朝の目覚めとともにお肌の改善を実感できると思います。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー