スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

メディカルサプリメントについて

更新日:2016/12/09 公開日:2013/07/30

サプリメントはクリニックで処方されることもあります。市販で手に入るなら、わざわざクリニックに行かなくても…と思うかもしれませんが、クリニックで処方される「メディカルサプリメント」は、市販のサプリとは違います。

メディカルサプリメントと市販のサプリメントの違い

市販のサプリメントはドラッグストアのみならず、コンビニやスーパー、インターネットからでも手に入ります。一方、メディカルサプリメントは、お医者さんから処方されなければ、手に入れることはできません。クリニックによって扱うサプリは異なりますが、医療機関で独自に開発しているものもあり、市販のものに比べると、一般的に高用量・高品質であることが特徴です。

市販のサプリメントが悪いというわけではないのですが、一般的に幅広い層をターゲットに作られている分、さまざまな効き目があるよう、色々な成分が混ぜられているので、期待していた効果が出にくいかもしれません。

一方、メディカルサプリメントは高用量かつ高品質である分、効き目が出やすいと考えられています。ただし効果が強すぎて、良くない影響があることも考えられるので、医師の指導のもと、適切な量を飲むようにしましょう。

メディカルサプリメントの手に入れ方

メディカルサプリメントを手に入れるためには、クリニックにいかなければなりません。クリニックにいっても、「ニキビができるから高用量のビタミンサプリください!」と言って、さっと手に入るというわけではなく、必ず医師による問診や、場合によっては血液検査が必要になります。

そして、そのデータをもとに、足りない栄養素がわかります。そこで初めて、適切なサプリメントの処方がなされるわけです。場合によってはひとつではなく、複数のサプリメントが処方されることもあります。

市販のサプリメントの場合、自分で勝手に組み合わせて飲んだり食べたりすることは、そのサプリメントの成分同士の相性が悪かったり、成分が重複する場合もあるので大変危険なことなのですが、医師から処方される場合は、きちんと飲み合わせの上での注意もなされるので安全です。いわばメディカルサプリメントは、その人ひとりひとりに合わせたオーダーメイドなサプリというわけです。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー