スキンケア大学 メンズスキンケア大学

美容ドリンクを飲むタイミングとは

更新日:2016/12/09 公開日:2013/11/01

「キレイ」になるために美容ドリンクを飲むのですから、せっかくの成分は効果的に取り入れたいものです。そこで多くの方が気になるのが、美容ドリンクを飲むタイミング。医薬品や医薬部外品ではない美容ドリンクの商品パッケージには、飲むタイミングについての説明はありません。では、一体いつ飲むのが効果的なのでしょうか。

飲んでいる美容ドリンクの種類を確認しましょう

お薬を飲む際、「食前」「食後」「食間」など、飲むタイミングと量を指定されます。では、美容ドリンクはどうでしょうか。

美容ドリンクは「医薬品」「医薬部外品」、それ以外の清涼飲料水や栄養補助食品などは「食品」として分けられます。「1日1本まで」のように具体的に書かれているのは、医薬品と医薬部外品です。それ以外の「食品」に分類される美容ドリンクは「1日1本を目安に」といった表記がされていることでしょう。

食品として分類される美容ドリンクは、お薬のように飲むタイミングを指定することは法律によって禁止されています。これは、効果効能が認められ、正しく服用することが求められる医薬品に必要な表記だからです。食品に分類される美容ドリンクは、薬のように効果効能が認められていない製品のため、飲むタイミングや量を明確に指定することができないのです。

しかし、どんな美容ドリンクであろうと、記載されている量をしっかり守ることが大切です。大量に摂取してしまうと、思わぬ副作用が出てしまうこともありますので充分に注意してください。

夜に飲まない方がよいドリンクもある

飲むタイミングが記載されていないとはいえ、夜には飲まない方がよい美容ドリンクもあります。たとえば、カフェインが入っているタイプのものです。カフェインはコーヒーなどに含まれていて、目を覚ます働きをします。

カフェインが入っている美容ドリンクを寝る前に飲んで、なかなか寝付けなくなってしまっては、睡眠不足になりかねません。睡眠不足はお肌の大敵ですから要注意です。

最近では、寝る前でも安心して飲むことができるカフェインゼロの美容ドリンクが増えています。しかし、どうしても飲みたい美容ドリンクにカフェインが入っているようであれば、寝る前は避けて飲むようにするとよいでしょう。

飲むタイミングによって効果は変わる?

美容ドリンクは、飲むタイミングの記載がされていることはほとんどありません。とはいえ、効果的に美容成分を吸収させるタイミングがあるのは事実です。

・栄養補給系の美容ドリンク、ビタミンが多く含まれたものなどは、食後が吸収されやすいでしょう。

・乳酸菌やビフィズス菌を含んだ整腸系の美容ドリンクは、胃酸が薄まった食後や胃酸がまだ少ない朝などがおすすめです。

しかし、食品として分けられる美容ドリンクは、人によって最適なタイミングが違い、一概に言えないというのも事実です。多くの美容ドリンクが「飲みやすいタイミングで」というスタンスですから、効果が感じられる「飲むタイミング」を探してみるのもいいでしょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー