スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

自分で作る美容ドリンクレシピ

更新日:2016/12/09 公開日:2013/11/01

  • この記事の監修ドクター

    この記事の監修ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

ドラッグストアなどに行ってみると、いろいろな美容ドリンクが販売されています。しかし美容ドリンクは、市販されているものを飲まないといけないわけではありません。自分で美容ドリンクを作ることも可能です。美容のためには、野菜や果物を摂取することは重要です。

しかし中には、野菜や果物が苦手という方もいるのではないでしょうか?そのような人でも、何かほかの食材と組み合わせることで飲めるようになる可能性もあります。苦手な野菜の味を他の食材がカバーしてくれることもあるからです。興味のある方は、美容ドリンクを自分で作ってみるといいでしょう。

自分で美容ドリンクを作ってみる

美容ドリンクのレシピといっても、それほど高度なテクニックが要求されるわけではありません。野菜や果物などをジューサーやミキサーにかけるだけで簡単に作ることができます。野菜ジュースの場合、一つの種類だけでジュースを作ると、青臭さが気になる方もいるはずです。しかし果物やはちみつ、ヨーグルトなどと組み合わせることで、青臭さを払しょくすることができます。

自分で美容ドリンクを作るメリットは、オリジナルのドリンクをいろいろと作れることです。バリエーションを増やすことで、毎日味に飽きることなく続けやすくなります。

朝おすすめのドリンクレシピ

朝食を食べる時間のない方は、美容ドリンクで補うこともよいでしょう。前の夜に作っておけば、コップに入れて飲むだけなので時間もかかりませんが、成分の劣化を防ぐため、できるだけ、朝の作りたてのものを飲むようにしましょう。

豆乳と粉末状の青汁、バナナ、缶詰のパイナップルを入れてブレンドをすることで簡単に美容ドリンクができます。食物繊維が豊富なので、便秘解消の効果が期待できます。

このような美容ドリンクのレシピは、いろいろと紹介されています。インターネットでレシピ集を公開しているサイトもあります。このようなサイトを見て、レシピを増やす参考にしてみるのもいいのではないでしょうか?

自作美容ドリンクの注意点

ただし自分で美容ドリンクを作るのには、デメリットもあることを認識しておきましょう。やはりネックになってくるのは、手間です。自分で作るためには、それなりの手間をかける必要があります。普段仕事もあって忙しいという人は、そう頻繁に自分で作ることは難しいはずです。

またメーカーの美容ドリンクの中には、技術を研究をしていたり、食品などからは摂取しづらい美容成分などを配合するなど、市販のドリンクだからこそできるものがあります。ビタミンや食物繊維など食材から比較的簡単に摂れる成分は自作ドリンク、簡単に摂りづらい美肌成分などは市販のドリンクで摂るなど、うまく使い分けてみるのもおすすめです。

今すぐ読みたい

注目情報

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー