スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

美容ドリンクの種類

更新日:2016/12/09 公開日:2013/11/01

現在では、いろいろな美容ドリンクが販売されていますが、期待される効果は異なります。そこで美容ドリンクを購入するときには、どのようになりたいのかをしっかりとイメージして購入するようにしましょう。以下では、美容ドリンクの中でも主要な成分とその特徴について解説していきます。

アンチエイジング対策の美容ドリンク

人間は年齢を重ねることにより、老化が進んでいきます。もちろん肌も老化が進むため、たるみやしわがどうしても目立ってきます。『老い』は自然なことで仕方のないことですが、できるだけ老化のペースを遅らせたいですよね。

そのような人はプラセンタの配合されている美容ドリンクがおすすめです。プラセンタは胎児を育てる胎盤をさします。細胞分裂を促進する成長因子が含まれています。つまりプラセンタを摂取することで、細胞の生まれ変わりが促される可能性が期待できるわけです。

エラスチンにもアンチエイジング効果があるといわれています。エラスチンは、コラーゲン同士をつなぎとめる成分で、コラーゲン繊維を支える役割があります。エラスチンはもともと私たちの体内にあるものですが、30歳を過ぎたあたりで少なくなっていきます。

そうすると、緩み始めたコラーゲン繊維を支えきれなくなってしまい、肌のハリが失われていき、シワやたるみの原因となります。アンチエイジング効果を期待する方は、美容ドリンクでエラスチンの配合されている商品を購入して、対策してみるのはいかがでしょうか?

シワ対策の美容ドリンク

シワが目立ってしまうと、どうしても実年齢よりも老けて見られてしまう傾向があります。そこで美容ドリンクを飲むことでシワのケアをしたいと思っている人もいるでしょう。シワ対策のために美容ドリンクを摂取するのであれば、コラーゲンやヒアルロン酸を含んでいる美容ドリンクがよいでしょう。

特にコラーゲンは、肌のハリや弾力を維持するために欠かせない成分です。肌にハリが出てくれば、シワの改善にも効果が期待できるようになります。

 

ダイエットと美容ドリンク

美容ドリンクの中には、ダイエット効果が期待できるような種類のものもあります。その中でもアルギニンという成分の含まれている美容ドリンクを購入するとよいでしょう。アルギニンのよいところは、成長ホルモンの分泌を促進する点です。成長ホルモンは筋肉量を増やす働きがあり、基礎代謝を高める効果が期待できます。

成長ホルモンの分泌量が多くなれば、脂肪の分解が促され、脂肪が燃焼しやすい状態になります。そこで有酸素運動をすることによって、高いダイエット効果も期待できるわけです。その他にも成長ホルモンが多く分泌されることで、肌の再生能力をアップする効果もあります。ダイエット効果と同時に美肌効果も手に入れられる可能性がアップします。

肌荒れ対策のドリンク

ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因は、生活習慣であることが多いといわれています。そこで食生活を整え、睡眠不足にならないように日頃の生活習慣を見直しましょう。

そのうえで、肌荒れになってしまっている肌を再生してきれいな肌に変えていく必要があります。そのためには、新陳代謝を高める効果が期待されているプラセンタやコラーゲンが配合されている美容ドリンクを摂取しましょう。コラーゲンは再生するのではなく、摂取することでコラーゲンを作り、傷ついた肌を修復する繊維芽細胞を増やすといわれています。コラーゲンペプチドやコラーゲン配合の美容ドリンクを飲むことが一種の刺激になって、肌の修復を促すわけです。

お通じ対策の美容ドリンク

お通じで悩んでいる女性も多いはずです。たかが便秘と思っている人もいるかもしれません。しかし便秘によって、腸内で腐敗した便から放出される有毒物質が血液に乗って全身を回ってしまうことがあります。吹き出物ができやすくなるとか、代謝がダウンしてしまうといった結果を引き起こしかねません。

便秘に悩んでいる人は、食物繊維の含まれている美容ドリンクを購入しましょう。食物繊維は、便のかさを増す効果があります。便の量を増やして、腸を刺激することで蠕動運動(ぜんどううんどう)を促していこうというわけです。また有害物質と付着して排出する効果もあるといわれています。効率的な排便によるデトックス効果が期待できます。

その他には、マグネシウムを含んでいる美容ドリンクを摂取してみましょう。マグネシウムは、下剤にも使われている成分です。便秘の人の便は、水分を取られすぎてコロコロの硬い状態になってしまいがちです。マグネシウムには、この便を軟らかくし、排便しやすくする作用が期待できます。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー