スキンケア大学 メンズスキンケア大学

手荒れにおすすめのハンドクリームの塗り方と対策|水仕事でひび割れ・あかぎれに悩む女性へ

更新日:2018/01/11 公開日:2013/11/13

手荒れや指先のささくれを防止するには、日々の保湿が重要です。正しいハンドクリームの塗り方から、その他にできる手荒れの対策法を説明していきます。

ひび割れ・あかぎれなどをハンドクリームでケアするポイント

知っているようで知らない、正しいケアの手順をご紹介します。

まずは化粧水でしっかり保湿を

手を洗ったら、しっかり水分を拭き取ります。ゴシゴシこすったりせず、手肌にタオルを軽く押しつけるようにして優しく拭きましょう。次に、手に化粧水やローションを軽くなじませます。

顔で使用している化粧水でもちろん大丈夫です。ハンド用に顔用よりも安めのものを購入すると、安心してたっぷり使えます。

指先にはキューティクルオイルを塗る

ローションが乾いたら、次にキューティクルオイルを指先に馴染ませます。

先にハンドクリームを塗ってしまうと、ハンドクリームがキューティクルオイルをはじいて指先に浸透しにくくなるので、キューティクルオイルを先にしっかりなじませます。

仕上げにハンドクリームを

最後に、手に取ったハンドクリームを手のひらで温めてから手全体になじませます。

手荒れにおすすめのハンドクリームの塗り方

まず、真珠粒大のクリームを手のひらにのせ、片方の手のひらでもう片方の手の甲をやさしく押さえるように塗りこみます。次に、両手の指を組んで滑らせるように動かし、指の間にもクリームをしっかり塗ります。そして、指先を軽くつまむように伸ばしていくと、細部にクリームが行きわたります。

手荒れの悩みを解消するために心がけたいこと

手荒れを予防するには、以下のように「手を乾燥・寒さから守る」ことが重要です。

  • 可能な限り、水仕事など外的刺激にさらされる機会を減らす
  • 洗剤はなるべく直接触れないよう、ゴム手袋を装着する
  • ゴム手袋の装着が難しい場合は、なるべく刺激の少ない洗剤を薄めて使う
  • ハンドクリームでこまめに保湿ケアをする
  • 寒さに対しては、外出時には手袋を着用するなど、保護する工夫をする

など、普段からこのような予防ケアを心がけましょう。

水仕事などによる手荒れを予防する対策方法

上述した、手荒れ予防ケア以外に、簡単にできる対策法をご紹介します。

ゴム手袋を着用し、お湯ではなくぬるま湯で

手が水に直接触れないようにゴム手袋を着用することが対策の一つとされていますが、どうしても素手で行わなくてはならない場合は、水の温度に注意してみてください。

寒い冬場はどうしてもお湯を使ってしまいがちですが、熱いお湯は皮脂膜や角質層のうるおい成分まで流してしまいます。肌のバリア機能が失われないよう、「ぬるま湯」を使うのがポイントです。

水仕事の後は、こまめにハンドクリームでケアを

また、水仕事の後にはハンドクリームなどでこまめに保湿ケアを。すでに「ひび」や「あかぎれ」ができてしまったという人は、保湿効果の他に、肌の修復を促すビタミン類などの成分を含んだハンドクリームを選びましょう。角質層を保護し、肌内部の水分の蒸発を防ぐ効果のあるワセリンも重宝します。

寝ている間はハンドクリームをぬって手袋で保湿を

最近では、夜のハンドケアのアイテムとして、寝ているときに手指を包み込む「ナイトグローブ」が登場しています。

手指を包み込むことによって、塗ったハンドクリームの保湿効果を高められるのです。また、あかぎれなど、ひどい手荒れをケアするためには、軟膏に近い濃厚なクリームを使うことが多いですが、寝るときに手袋をすることで、クリームが寝具につくのを防ぐこともできます。さらに、眠っている間に無意識に掻いて肌に傷をつけることを防ぐというメリットもあります。

夜のハンドケアにはしっとり感が長く続くクリームタイプがおすすめです。良質なハンドクリームは、濃厚なテクスチャーであってもベタつかないことが多いものです。塗って時間が経っても、うるおい感が続くハンドクリームを選んでください。

他にも、肌をベールで包むワセリンやシアバターをベースにしたものや、血行を促進するビタミンEを配合したクリームなどもおすすめです。

使用する手袋は蒸れにくく、通気性のある「綿やシルク」の素材を選びましょう。

カテゴリー