スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ダイエットの基本中の基本!ウォーキングダイエットの方法と効果

更新日:2016/12/09 公開日:2014/09/15

お外でエクササイズ

ダイエットには適度な運動が必要ですが、中でも誰にでも簡単に取り組むことのできるウォーキングは、ダイエット方法としてファーストチョイスする方が多いと思います。 ここではウォーキングのメカニズムを、ドクター監修の元に解説します。

ウォーキングダイエット

気軽に始められるダイエット

ダイエットの基本というと食事改善と運動ですが、その中でも気軽にはじめられるダイエット方法といえばウォーキングではないでしょうか。ウォーキングは子供から大人まで無理なくチャレンジすることができる手軽な方法です。

運動の基本であるウォーキングをダイエットに生かしましょう。

ウォーキングダイエットのやり方

(1)頻度

できるだけ毎日歩くようにしましょう。もともと歩く習慣があまりないという方は、通勤時に一駅分多く歩いたり、買い物の際に少し遠回りをしてみるなど、簡単にできそうなことから始めてみるとよいでしょう。

(2)時間

ゆっくりでも良いので、1日に20分から30分程度、継続して歩いてみましょう。

(3)準備

ウォーキングをする時はできるだけ動きやすい格好で、靴は自分の足に負担がかからないタイプの運動靴を履きましょう。革靴やブーツなどで長時間歩くと足を痛める原因になってしまいます。

(4)継続するコツ

ウォーキングはマイペースで継続することが大切です。景色のよいコースを選んで歩いたり、音楽を聴きながら歩いたり、自分が楽しく続けられる工夫をしてみましょう。

ウォーキングダイエットのメカニズム

ウォーキングは有酸素運動です。心肺機能を高めるだけでなく、内臓や筋肉を直接鍛えることができます。

その結果、筋肉が正常にポンプの役割を果たしてしてくれるので、血液の循環も良くなり、体温が上がります。また、代謝が良くなることにより、老廃物を体外に排出しやすくなります。もちろん歩くことで体力もつき健康的になります。

ウォーキングの注意点

無理をして急に長時間歩いたりすると、すぐに足を痛めてしまいます。足や膝のサポートやケアなどに気を付けながら行いましょう。

また、運動しただけではなかなかダイエット効果は上がりませんので、食事改善も同時に行うと良いでしょう。

ヘルスケア本