スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

骨盤底筋トレーニングに!膣トレの方法

更新日:2017/12/20 公開日:2014/05/01

  • この記事の監修ドクター

    この記事の監修ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

膣トレ

膣トレで骨盤底筋を鍛える効果

大笑いした時やくしゃみをした時などに、尿がちょっと漏れてしまうようなこと経験はありませんか?30~40代の女性の約30%が尿漏れを経験しているというデータも発表されています。

これには、骨盤底筋の弱まりが影響しています。骨盤底筋とは子宮や腸などを支えるハンモック状の筋肉で、出産や加齢、運動不足などによって衰えてしまいがち。しかし骨盤底筋は筋肉なのでトレーニングによって鍛えることができます。それが、今話題の「膣トレ」なのです。

膣トレの方法

毎日手軽にできる膣トレをご紹介しましょう。

1.全身をリラックスさせた状態で、肩幅くらいに脚を広げて立ちます。

2.そのままゆっくり5秒ほどかけて息を吸いながら、膣を上に引き上げるようなイメージで締めていきます。

3.息を止め、膣をギュッと締めたまま5秒間キープします。

4.5秒ほどかけてゆっくり息を吐きながら、身体の力を抜いていきます。

これを数回繰り返してください。家でテレビを見ながらでも電車に乗っている時もできますから、毎日続けられそうですよね。立たなくても、仰向けになった状態で行ってもOKです。

専用グッズを使った簡単トレーニング法も

「膣を締める感覚が分からない」という人は、膣トレ用の専用グッズを使う方法もあります。膣トレ専用グッズの多くは小さなダンベルやボールのような形をしていて、価格は1000円台から15000円前後のものまで様々。膣に専用グッズを挿入し、前述のエクササイズの要領でグッズを落とさないように膣を引き締めるといった使い方をします。

膣に挿入するものですので、専用グッズを選んだり使用する際には説明書きなどをきちんと確認するようにしてください。また海外製のものもありますが、膣の大きさの違いなどもありますので日本人向けのグッズを選ぶことをオススメします。

膣トレは尿漏れ対策だけでなく、頻尿や骨盤痛、排便のコントロール、性交痛などにも効果があると言われています。また骨盤底筋が鍛えられることで、ウエストまわりのシェイプアップや姿勢が良くなるといった効果も期待できるとか。

「膣を鍛えるなんて考えたこともなかった」という方も、まずは簡単にできるエクササイズから始めてみませんか。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー