スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

鼻毛の脱毛はNG?ハサミやカッターで上手に切る方法

更新日:2018/02/02 公開日:2014/07/01

顔の脱毛・ムダ毛処理(5)鼻毛

鼻毛は脱毛で全部処理しても大丈夫?

鼻は、空気を取り込み肺へ送り込むという重要な役割を担っています。そして、この際にウィルスや埃などが体内に入り込まないようブロックしているのが、鼻毛や粘膜、粘液や繊毛なのです。せっかくきちんとメイクしていても、鼻毛が見えていたためすべて台無し……といったことは避けたいという気持ちは分かりますが、体の防御作用を考えると、すべての鼻毛をなくしてしまうわけことはオススメできません。見えるところの鼻毛だけを上手に処理できるようになりましょう。

上手な鼻毛の切り方とは?

自己処理をする際に一番簡単なのは、電動式鼻毛カッターを使うことです。鼻毛カッターは大手家電メーカーなどで1,000円台から販売されています。外国人は鼻が高く鼻毛が目立ちやすいため、身だしなみとして鼻毛カッターを使っている人が多いそうですが、日本ではまだそれほど普及率は高くないようです。また、根本まできれいに切れないので、鼻の中が見えやすい鼻の形には適していないとも言われています。

一番多く使われているのは、鼻毛用の小さなハサミです。これは、刃先が丸くなっており、鼻の中が傷つきにくくなっています。

以下に、このハサミを使った上手な鼻毛の切り方をまとめたので、自己処理の参考にしてください。ただし、こちらも電動カッター同様、根本まできれいに切ることはほぼ不可能です。

鼻毛切りハサミを使った上手な鼻毛の切り方

  1. ティッシュペーパーで鼻の中の汚れや水分を取り除く。
  2. 切る方の穴の上に人差し指をのせ、切る側と反対の側をつぶすように押す。
  3. ハサミを鼻と並行になるように入れ、切っていく。
  4. 鼻の中隔に生えた毛は、鼻先を上に押し上げ(ブタ鼻をつくるように)、ハサミを中隔 の壁に平行にして切る。
  5. 最後に鼻をつぶすように押して、切り残して飛び出している鼻毛がないか確認する。

ポイントは、鼻先に生えている毛だけをケアすること。奥の方まで切りすぎないようにしましょう。

鼻毛の脱毛について

鼻毛を毛抜きで抜くという方もいるかもしれませんが、抜いた後の毛穴に雑菌がつくと炎症を起こすこともあるので注意が必要です。また、抜くと皮膚にダメージを与えやすいので、花粉症などで鼻の中が敏感になっているときや風邪をひいているときは、そのようなお手入れは避けるようにしてください。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー