スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

Oラインの脱毛方法と注意点

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/01

Oラインの脱毛方法と注意点

Oラインの脱毛は専門家におまかせ

Oラインとは肛門まわりの丸い部分を指します。鏡などを使わないと見ることができないので自分で見ることはほとんどないと思いますが、その分むだ毛が生えていても自己処理は難しい部位です。また、とてもデリケートで色素沈着も起こしやすい部分でもあるので、そういった意味でも自己処理はオススメできません。Oラインの脱毛は専門家におまかせするのが一番です。

ワックス脱毛

施術のひとつに、サロンで行うブラジリアンワックスでの脱毛があります。オーガニックのワックスを使っているところが多く、温めたワックスをOラインに塗って、それをシートで固めて剥がすといった方法で行います。一気に大量に抜くことができますが、肌が敏感な人はその後のダメージが心配されるので避けた方がいいでしょう。たとえば、VラインやIラインをワックス脱毛した際に痛みやかゆみがひどければ、肌がデリケートである証拠。Oラインのワックス脱毛はやめましょう。また、人によっては内出血を起こす場合もあります。脱毛後の肌荒れを避けるためにも、冷却・保湿はきちんとしてもらうようにしましょう。

光脱毛・レーザー脱毛・絶縁針脱毛

その他の方法では、主にクリニックでのレーザー脱毛とサロンでの光脱毛があります。光脱毛はOラインにジェルを塗った後に光を照射するのですが、これを複数回繰り返して一回の施術を終えます。1~2週間すると毛が抜けてきますので、また毛が生えてくる周期に合わせて1~2か月に1回施術を行い、気にならなくなるようになるまで繰り返します。レーザー脱毛また、サロンでは、医師法第17条により「毛および毛付属器を破壊せず、1か月後に90%以上の発毛が認められるような脱毛」しかできませんので、施術回数は多くなります。

レーザー脱毛の場合は、光の代わりにレーザーを照射します。痛みは光脱毛よりも強いですが、新しいレーザー機器で痛みが少ないタイプのものも登場しており、場合によってはクリニックでの施術なので麻酔クリームを処方してもらい患部に塗ることができます。ただし、麻酔クリームは別料金になっている場合が多いです。光脱毛より施術回数は少なくて済みますが、それでも5回程度は通う必要があります。

光脱毛、レーザー脱毛のいずれもメラニンの色素に反応するしくみなので、色素沈着が濃い部分には痛みが出やすい傾向があります。また、日焼けした肌やもともと色素の濃い肌の場合は施術できないこともあります。

一部のクリニックではニードルを使った絶縁針脱毛も行っています。これは、毛根に針を刺した後1秒ほど電気を通し、毛根の再生力を弱らせるという脱毛方法です。1本1本施術していくので細かい部分のケアに向いており、眉の上などの脱毛にも使われます。また、毛根に直接電気を通すので、産毛のような細かい毛の処理にも向いています。ただ、絶縁針脱毛をやっていないクリニックも多いので、クリニックを検討する際は事前に情報を得ておきましょう。

デリケートゾーン脱毛の中でも、Oラインは特にデリケートかつ恥ずかしい部分の脱毛であるだけに、信頼できるクリニックやサロンでの脱毛をオススメします。まず他の部位を脱毛してもらい、そのクリニック(もしくはサロン)が気に入ったらVIOラインもしてもらうという方法が、失敗がないでしょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー