スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

女性の胸毛や乳輪の毛の脱毛方法|クリニックでおすすめの施術法と効果

更新日:2018/01/11 公開日:2014/07/01

女性の胸毛や乳輪の毛の脱毛方法

男性のような濃い胸毛で悩んでいる女性はそれほど多くないと思いますが、乳輪に生える毛で悩んでいる女性は比較的多いです。そのため、乳輪の脱毛メニューがあるクリニックやサロンも少なくありません。

女性の胸毛の施術についてはクリニックで相談を

胸毛は男性向けの施術がほとんどで、クリニックやサロンで「胸」という部位がメニュー表に載っているところはほとんどありません。とはいえ、技術的には可能ですので、乳輪からもっと広範囲に脱毛したいといったことがある場合は、クリニックやサロンで相談してみましょう。

乳輪脱毛の施術法

女性の場合、胸の脱毛をしたいという人は、乳輪に濃い毛が生えるのを何とかしたいという人と、産毛の脱毛をしたいという人の2パターンに分かれると思います。

乳輪脱毛の場合は、レーザーや光脱毛よりも絶縁針脱毛の方が効果を得やすいです。乳輪が大きく色素も濃く、その間に濃い毛が生えているような場合は、特に効果を得やすいです。それは、乳輪から1~2cmまでの肌はホルモンの影響が強いため、レーザーなどの効果が出にくい部分であるからです。

絶縁針脱毛は1960年代ぐらいから用いられており、毛根に針で直接熱を伝える方法で脱毛します。毛根に直接働きかけるので、色素沈着した肌でも施術できるのです。

妊娠初期や体調がすぐれない人の施術はNG

乳輪のまわりの毛はレーザーや光脱毛で、乳輪の上の抜けにくい濃い毛は絶縁針脱毛で、というように使い分けると、より満足度の高い仕上がりになると思われます。絶縁針脱毛は電流を通す施術のため、妊娠初期や心臓の悪い人、高熱がある人は施術を受けられません。また、絶縁針脱毛を扱っていないクリニックもあるので、事前に確認するようにしましょう。

匂いやニキビ対策など乳輪脱毛の効果

乳輪の脱毛を考える女性の中には、ムダ毛よりもニオイが気になっているという人もいるそうです。

乳輪にはアポクリン腺が存在しており、胸が大きい人はアポクリン腺の働きも活発な傾向にあるようです。アポクリン腺から分泌される汗は脂質・糖質・蛋白質などを含み、皮脂腺から分泌されるものと一緒になって、天然のクリームとして皮膚を守る働きがあります。

しかし、空気に触れると酸化しやすく、匂いを発することがあります。また、皮脂腺も多く存在するため、毛孔に雑菌がついてニキビができることもあります。乳輪の脱毛は、見た目の問題をケアするのはもちろん、こうした匂いやニキビ対策にもなるのです。

乳輪は他の人に脱毛してもらうのが少々恥ずかしい部位ではありますが、自己処理ではトラブルを起こしやすい部位でもあるので、ムダ毛やニオイが気になる方は、勇気をもってプロにお任せすることをおすすめします。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー