スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

生理前のむくみを即解消する方法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/01

PMSの症状・生理前のトラブル

生理前は、分泌される女性ホルモンの影響で体がむくみやすくなると言います。これにより、生理前から急にむくみに悩まされるという女性も多いのではないでしょうか?むくみの仕組みとその対策について、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

生理前のむくみを即解消する方法

生理前に身体が重くなってむくみがちになる原因は、女性ホルモンにあります。女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)がありますが、それぞれのホルモンが多く分泌される時期によって体に出る症状も変わってきます。

生理のあと排卵までは卵胞ホルモンが多く分泌される卵胞期、排卵のあと生理までは黄体ホルモンが多く分泌される黄体期と呼ばれます。黄体期は身体が妊娠に向かう時期なので、黄体ホルモンは身体を妊娠できるような環境へと向かわせていく働きをするのですが、身体がむくんでしまうのはその一環だと考えられています。

黄体期は水分の排出が抑えられてしまう

この時期のむくみは、水分がきちんと排出されないために起こります。黄体期は身体が栄養を蓄えようとするため、水分だけでなくほかの栄養の排出も抑えらます。また、黄体ホルモンの影響で食欲が旺盛になっているうえに腸の働きも衰えて便秘気味にもなるため、体重の増加が気になる時期でもあります。むくみなのか太ったのかいずれにしても悩ましい時期なことには変わりありません。

過度な心配はせずに気楽に過ごす

黄体期は心身の調子も少々不安定になります。しかし、ちょっとした身体の変化に一喜一憂するとさらにストレスを溜めこんでしまうため、あまり気にしないことが大切です。適度な運動で気分転換したり半身浴でリラックスするなど、ストレスを溜めない生活を送りましょう。また、自宅でのんびりする時や就寝時に足を高くしておくと、むくみ軽減の効果があるのでオススメです。

むくみや体重の増加が気になるからといって、食事や水分摂取を減らすのは逆効果です。バランスのいい食事と適度な水分摂取は体にとって必要不可欠なもの。便秘対策にもなるため、気を付けるようにしましょう。

摂りたい大豆、避けたい塩分

水分を効果的に排出する食品としてオススメなのが、大豆製品です。大豆製品には、むくみを予防するカリウムや、女性ホルモンに関わる症状を緩和させるはたらきのある大豆イソフラボンなどが豊富に含まれています。豆腐、納豆、豆乳など、ヘルシーで身体に良いものがたくさんあるので、積極的に摂取しましょう。また、大豆は良質な植物性タンパク質ですので、普段の食生活にもぜひ摂りいれてください。

海草やほうれん草などにもカリウムは多く含まれます。これらの食材もバランスよく摂取することをオススメします。

逆に、むくみの大敵となるのが塩分です。また、コーヒーや紅茶などのカフェインを含んだ飲料もカリウムのはたらきを阻害するので、この時期は意識的に控えるようにしましょう。

むくみは病気のサインであることも

病気の中には、むくみを引き起こすものもあります。むくみがひどすぎたり生理が終わっても続く時には、腎臓病や肝臓病など、他の病気の可能性も考えられますので、医師に相談することをオススメします。

今すぐ読みたい