スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

こむら返り/足がつるのは薬で治せる?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/06/05

足がつる・こむら返りの予防・治し方

こむら返りや足がつるのを治療するのに使われる漢方薬や市販薬、また病院で処方される薬の作用と内容、使用する際の注意点などをドクター監修の記事で紹介します。

足がつるのは薬で治せる?

現在、こむら返りや足がつるのを治すための薬が市販されています。このこむら返りの治療薬はどのような作用をもたらすのでしょうか。また、利用する際にはどのような点に気をつければいいのでしょうか。

こむら返りの市販薬って?

現在、店舗ではこむら返りの薬が市販されており、手軽に入手することができます。主に、足がつる筋肉のけいれんや、こむら返りを治すための薬です。

代表的な薬として「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」という漢方薬があります。筋肉の異常興奮を抑える作用が、筋肉の痛みやこわばりをしずめてくれるというものです。

病院で処方される薬について

漢方薬は、病院でもよく処方されています。

芍薬甘草湯は、1800年以上も前に中国で編纂された「傷寒論」という中国医学の三大古典の1つの中に「脚攣急」つまり「こむら返り」に効果があると書かれていると言われている漢方薬です。

病院によっては、漢方薬ではなく、筋弛緩薬や湿布薬が処方されることもあります。筋弛緩薬とは、骨格筋を緩める作用のある薬のことです。

薬を利用するにあたっての注意点

市販の漢方薬などを利用する場合、注意すべきことはなるべく長期使用は避けることです。なぜなら、漢方薬といっても副作用が出ることもあるからです。

例えば芍薬甘草湯は、長期服用によってむくみを生じたり、血圧が上がったりすると言われています。

こむら返りは健康な人にもしばしば見られるもので、あまり心配することはありません。
しかし、頻繁にこむら返りが起きる場合には、自己判断したり薬だけに頼ったりせず医師に相談して検査を受けるなどしましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 整形外科