スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

スクワラン原液の使用方法と注意点

更新日:2016/12/09 公開日:2014/08/01

スクワラン原液の使用方法と注意点

スクワランとは、深海鮫や植物などから抽出された成分を精製した潤滑性に優れた成分のことです。様々な効果があり、化粧品の原料やサプリメントのほか、工業用にも使われることがあります。

近年、美容業界では原液を化粧水と併用してケアをすると効果的であることから、美容成分としてのスクワラン原液が多く出回るようになりました。では、スクワランの原液はどうなのでしょうか?その使い方と注意点ついてご紹介します。

スクワラン原液の作られ方

スクワラン原液は、次のように作られます。

1.原油の蒸留

スクワランの原材料となる深海鮫の肝油や植物性油を蒸留させます(一次蒸留)。原油の中の不純物を取り除き、必要とする成分の純度を高くさせるためです。

2.酸性成分の除去

オイルの酸化を防ぐため、蒸留させたものの中に含まれる酸性の成分を除去します。

3.水素添加

脱酸後、水素添加によりスクワレンをスクワランに変えます。

4.スクワランの蒸留

スクワランオイルができたら、再び蒸留を行います(二次蒸留)。何回か繰り返すことで純度の高いオイルに作り上げます。

5.脱色、脱臭

蒸留させたスクワランオイルを脱臭、脱色させ、スクワランオイルを完成させます。

スクワラン原液の効果的な使用方法

スクワラン原液の取り入れ方には、化粧品として肌に塗布する方法とサプリメントとして直接飲用する方法に分かれます。

化粧品として使用する際には、洗顔して化粧水までつけた後に、肌に少量を馴染ませるようにしましょう。化粧水後に使用する乳液や美容クリームなどに混ぜて使用できるものもあります。

また、潤滑性と保湿性に優れているため、マッサージオイルとしての使用もオススメです。化粧品として使用する場合も、マッサージをしながら塗布することで、効果をより高いものにすることができます。

スクワラン原液を使用する際の注意事項

スクワランの原液は、主にスクワランオイルとして使用されます。その効果については、『スクワランオイルの効果』をご覧ください。

スクワラン原液を使用する際の注意事項としては、傷や湿疹など肌に異常がある箇所に使用する際は、必ずドクターの指示を受けてください。また、スクワランはもともと体内にある成分なので安全面での心配はほとんどありませんが、ごくまれにアレルギー反応やトラブルを起こす場合もあります。

使用後に赤みやかゆみなどが生じた時は、直ちにドクターの診断を受けましょう。敏感肌の場合は、スクワラン純度の高い製品を使用することをオススメします。こうすることで、リスクを低くすることができます。

また、肌の弱い方や敏感肌の方は、まずは身体の目立たない場所で、少量ずつ試してみるのも良いでしょう。

カテゴリー