スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ベルガモットの効果・特徴と使い方

更新日:2016/12/09 公開日:2014/08/01

ベルガモットの効果・特徴と使い方

紅茶のアールグレイの香り付けに使われることでも有名なベルガモット。爽やかな柑橘系の香りの精油です。香水に利用されることが多いことも、万人に愛されやすい香りである証しです。

フレッシュですがすがしい香りの「ベルガモット」

ベルガモットは、「Citrus bergamia」という学名のミカン科の植物です。3~4mほどの常緑高木で、ライムに似た色の果実を付けます。精油は、完熟する前のまだ実が青い時に、その果実の皮から圧搾法で抽出されます。イタリア、モロッコ、チュニジアなどで生産されています。

柑橘系ならではのフレッシュですがすがしい香りで、甘さも感じられることから、人気のある精油です。香りは立ち上がりが早くて、やや長続きするタイプです。主要成分は酢酸リナリルとリモネンがおよそ7割、残りはリナロール、ベルガプテンなどが含有されています。

鎮静効果・リフレッシュ効果に優れたベルガモット

ベルガモットに含まれる酢酸リナリルは、鎮痙作用、鎮静作用、鎮痛作用、抗炎症作用が知られています。また、リモネンはレモンやグレープフルーツの精油にも含まれる成分で、肝臓強壮作用、腎臓機能促進作用、蠕動運動(胃や腸の収縮運動)促進作用があります。

これらの成分から、ベルガモットの香りには、ささくれ立つ気持ちを鎮静する作用や抗うつ作用、気分をリフレッシュさせる働きがあるので、心を明るく上向きにしてくれます。不安、抑うつ、緊張、精神疲労などに大きな効果が期待できます。

食欲を調整する作用もあり、食欲不振や摂食障害などの食生活上の問題の改善にも役立ちます。抗炎症、抗菌、抗ウィルス作用などにより、呼吸器系や泌尿器系の不調にも効果的です。防虫効果もあり、虫よけとして利用されることもあります。

ベルガモットは紫外線に注意

ベルガモットの精油には、お肌に付いた状態で紫外線に当たると皮膚にダメージを与える、光毒性という性質があります。ベルガモットをスキンケアに用いる場合は、夜のみにしましょう。

ベルガモットの精油を0.5%濃度に希釈してローションやトリートメントオイルを作ってスキンケアに使うと、その抗菌作用によりニキビ肌のケアに役立ちます。また、瘢痕形成作用があるため、ひっかき傷のような小さな切り傷の回復にも使えます。

比較的多くの精油とよく合い、ブレンドも楽しみやすいのがベルガモットの特徴です。オススメは、優しい甘さのフローラル系であるラベンダー、イランイラン、ゼラニウム、パルマローザ。同じ柑橘系のレモン、またはウッディーなサイプレスと合わせてみても良いでしょう。

ただし、お肌に合わない場合は使用を中止し、医療機関を受診して下さい。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー