スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

目的別!黒酢の効果的な飲み方

更新日:2016/12/09 公開日:2014/09/01

黒酢の効果的な摂り方

黒酢の効果をより高める飲み方について、ドクター監修の記事でご紹介します。「ダイエット」「血糖値上昇の抑制」「疲労回復」「カルシウム吸収」をサポートする黒酢の働きを最大限に生かす飲み方とタイミングをお伝えします。

飲み方

黒酢の原料は、玄米。そのため、黒酢には他の酢よりもアミノ酸が多く含まれています。身体に良いとされる黒酢の効果をより高めるためには、飲み方を意識することがポイントです。

黒酢の効果を高める正しい飲み方

(1)「ダイエットしたい!」

黒酢に含まれている豊富なアミノ酸やクエン酸には、ダイエットには欠かせない脂肪燃焼効果の他、基礎代謝の維持・向上も期待できます。黒酢を空腹時に飲むと胃に負担をかけてしまう場合があるため、食後に飲むようにしましょう。身体が温まっていて代謝が高い時に飲むのも効果がありますから、運動後や入浴後もオススメです。

(2)「血糖値の上昇を抑制したい!」

黒酢には、糖の吸収を抑制して食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。血糖値の急上昇はインシュリンの過剰分泌を引き起こし、脂肪の合成に繋がります。このような血糖値の上昇を抑えるためには、食前もしくは食事前半に黒酢を飲むのが効果的です。

(3)「疲労を回復したい!」

疲れを感じる原因のひとつは体内のグリコーゲンの減少にありますから、グリコーゲンを補充できれば疲労回復に繋がります。グリコーゲンの原料である糖は、黒酢を同時に摂取すると再補充効果が増します。疲労を感じた時や運動後に、黒酢を糖分と一緒にとるようにしましょう。

(4)「カルシウム吸収を増やしたい!」

カルシウムは丈夫な骨をつくり、貧血を予防するのにも役立つ非常に大切な栄養素ですが、現代の食生活では不足しがちです。そこで、カルシウムの吸収を促進する働きのある黒酢を使った料理を意識的に取り入れることをオススメします。酢で肉や魚介類を骨や貝殻ごと煮込むと、そこに含まれるカルシウムが煮汁に溶け出すのを酢の成分が助けてくれる効果も確認されています。

(5)その他

食欲増進効果、内臓脂肪の減少、血圧降下を目的とする場合は、黒酢の飲み方で特に違いはありません。基本的には、黒酢はいつ飲んでも構いません。ただし、胃などへ与える刺激が強いため、朝起きた直後をはじめとした空腹時に黒酢を飲むのは避けるようにしてください。

黒酢の飲み方で抑えておくべきポイント

黒酢を飲む量は、基本的には1日に大さじ1杯(15cc)から2杯(30cc)が目安です。黒酢を飲み物として摂取する場合は、原液のままだと刺激が強くて喉や消化器官を傷める可能性がありますので、10倍程度に薄めて飲むようにしましょう。また、ハチミツなどの糖分が入っている場合には、糖分の摂取量にご注意ください。

それから、黒酢は身体を冷やす性質を持っています。冷え性の方はあまり飲み過ぎないようにしましょう。冷やした状態で飲まないなどの配慮も大切です。

黒酢の正しい飲み方について、詳しくは『黒酢の適切な摂取量と飲み方とは?』をご覧ください。