スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

黒酢の適切な摂取量と飲み方とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/09/01

黒酢の効果的な摂り方

黒酢の飲み方のバリエーションと適切な摂取量について、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。黒酢を毎日継続して摂取するために知っておくべきルールに加え、水やジュースの他、牛乳や赤ワインで割る方法もご紹介します。

黒酢

身体に良い黒酢ですが、酸性であるため、そのまま原液で飲むと胃などの消化器官に大きな負担がかかります。黒酢を健康的な生活に取り入れるのに適した飲み方の基本ルールをお伝えします。

黒酢の飲み方で知っておくべき3つのルール

1:適量を守る

黒酢の摂取量の目安は1日で15cc~30ccです。合計して30ccを超えないようにしましょう。例えば、毎食後に飲む場合には10ccを3回に分けて飲むなどの工夫が必要です。

2:薄めて飲む

黒酢は、10倍程度に薄めて飲むようにしましょう。原液での摂取は、胃にダメージを与えてしまいます。

3:空腹時を避ける

朝起きてすぐなどの空腹時や食前などは避けて、なるべく食後または食事をとりながら飲むようにしましょう。空っぽの胃に黒酢を摂取することは、負担が大きすぎます。

黒酢をおいしく摂取!オススメの飲み方

黒酢を毎日継続して適量を摂取するために、おいしい飲み方をいくつか知っておくと良いでしょう。

(1)黒酢+水(湯)

「黒酢の味が好き!」という方にオススメの飲み方です。

大さじ1の黒酢を、約10倍の水またはお湯で薄める。冷やしたほうが飲みやすくなりますが、黒酢は身体を冷やす効果もありますから、特に冷え性の方はご注意ください。

甘みが必要であれば、ハチミツや砂糖などを適量加えましょう。ただし、糖分の取り過ぎには注意が必要です。レモンを絞ると風味がさわやかになります。

(2)黒酢+ジュース

好きな味のジュースで黒酢を割ってみましょう。

大さじ1の黒酢に、約10倍程度のジュースを加えます。オレンジジュース、リンゴジュース、パイナップルジュースなど酸味のあるジュースの他、桃のような甘味の強いジュースなどいろいろ試して、お好みの組み合わせを見つけても良いでしょう。

また、トマトと黒酢は相性抜群です。黒酢のトマトジュース割りも試してみてはいかがでしょうか。

(3)黒酢+牛乳

黒酢と牛乳の組み合わせは意外な感じがしますが、ヨーグルトのような風味でお子さまにもオススメです。牛乳に含まれるカルシウムの吸収を助ける、黒酢の効果を生かした飲み方でもあります。大さじ1の黒酢に適量のハチミツを加えてよく混ぜ、約10倍程度の冷たい牛乳を注ぐと出来上がりです。

(4)黒酢+赤ワイン

赤ワインのポリフェノールに黒酢のアミノ酸が加わった、まさに大人の美容ドリンクです。グラス一杯の赤ワインに、ほんの少し黒酢を加えるだけで手軽です。

以上、黒酢の飲み方をいくつかご紹介しましたが、ご自分のお好みのアレンジを見つけてみてください。ただし、飲み過ぎないように1日の摂取量の目安として最大30ccは守るように心がけましょう。