スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

飲みすぎは良くない?黒酢の副作用

更新日:2016/12/09 公開日:2014/09/01

黒酢の効果的な摂り方

黒酢の副作用について、ドクター監修の記事で詳しく解説します。黒酢の副作用を避けるための重要なポイントから、黒酢の摂取に注意が必要な冷え性や胃腸の弱い方、子どもの摂取方法までお伝えします。

黒酢

黒酢は食品なので、適量を守っていれば危険な副作用は特にありません。ただし他の食品と同様、過剰摂取や摂り方によっては身体に害を及ぼすこともあり得ます。

黒酢の副作用を避けるポイントは摂取方法

大量に飲みすぎない

黒酢を健康のために摂取する場合の適切な量は、1日に15cc~30ccです。30ccを超えると過剰摂取となり、身体にダメージが現れることがあります。また30ccを一度で飲むのではなく、数回に分けて飲むようにしてください。

飲む時は必ず薄める

黒酢は酸性食品のため、原液のまま飲むと胃などの消化器官を傷めてしまうことがあります。飲む場合には、必ず10倍程度に薄めるようにしましょう。

空腹時を避ける

胃の中が空っぽの時に黒酢を摂取することは、胃が荒れる原因ともなります。黒酢を飲む場合は、食事中か食後にしましょう。

寝る前の黒酢は歯にダメージ

酸によって歯がダメージを受けた状態を「酸蝕歯(さんしょくし)」と言い、冷たいものがしみたり、むし歯のような痛みが起こったりすることもあります。むし歯発生へのリスクも高まります。就寝中は唾液の分泌量が減少するため、寝る前に黒酢を摂取すると口内は強い酸性、つまり歯が溶けやすい環境のまま一晩過ごすことになるのです。

また黒酢を飲んだ直後は酸性の度合が高いため、30分以上経ってから歯磨きをすると良いでしょう。歯磨き前に、水で口をゆすぐなど酸性の状態を中和することもオススメします。

黒酢の飲用に注意が必要な方

冷え性の方

黒酢を適量摂取することで、血行促進作用により身体を温める効果が期待できます。しかし冷え性の方は、黒酢の飲み過ぎに特に注意が必要です。もともと黒酢には身体を冷やす作用もあります。さらに黒酢を冷やした状態ではなく、お湯で割るか常温で飲むよう心掛がけると良いでしょう。

胃腸の弱い方

多量に摂取しないように気をつけてください。少しずつ量を増やしていくなど、徐々に身体を馴らすことが大切です。胃腸の弱い方は、黒酢を飲み過ぎると腹痛や下痢症状を引き起こすことがあります。お腹の具合など体調に変化を感じた場合には、黒酢の量を減らすか、一度飲むのを中止して医師に相談するようにしましょう。

子ども

子どもの場合も胃腸の弱い方と同様に、体調の変化を見守りながら少しずつ身体を馴らしていくようにしましょう。飲み過ぎることのないように注意してあげてください。

今すぐ読みたい