スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

脂肪吸引を行う美容外科・クリニックの正しい選び方

更新日:2017/03/23 公開日:2014/09/01

脂肪吸引に限らず、施術とは身体の内外に手を加えることなので、とてもデリケートな問題です。トラブルを起こさないためにも、理想通りの結果を得るためにもクリニック選びは慎重に行いましょう。

脂肪吸引とは?

脂肪細胞は思春期を過ぎると増えることはないですが、摂取したエネルギーによって大きくなることはあります。そして、脂肪吸引は大きくなった脂肪細胞を吸い取って、物理的にその量を減らす治療のことです。脂肪層には皮下脂肪と、LFDの2層があります。脂肪吸引では血管や神経が通っていないLFDと、皮下脂肪の一部を吸引します。

美容外科・脂肪吸引クリニックを選ぶ前に

形成外科や整形外科は、ケガなどで身体の機能に問題が生じた時にそれを治療するのが目的です。一方、美容外科の目的は治療ではなく、見た目を美しく整えるための医療行為となります。当然、脂肪吸引も美容目的の施術ですから、メタボや肥満の治療ができるわけではありません。健康保険が使えないのはそのためです。

また、脂肪吸引を受けたからといって、誰もがモデルのような体形になれるわけでもありません。脂肪吸引の施術を受ける際は、こうしたことを理解したうえで行うようにしましょう。そうでないと、後で思い通りにならなかったという不満が残り、トラブルを招くことにもなりかねません。

クリニック選びに失敗しないコツは?

脂肪吸引には新旧いろいろな方法があり施術も難しいため、医師の経験やセンスで最終的な仕上がりが違ってきます。クチコミで知り合いから「よかった」と聞いたクリニックはかなり安心できますが、その経験も一例にすぎず、同じ結果になるとは限りません。施術を受ける際は、よいクリニックかどうかを自分でよく調べることをおすすめします。

調べるにあたって参考にしていただきたい点を、以下にまとめました。

名医がいるかどうか

名医とは経験豊富で腕がいいというだけでなく、メリットばかりを強調せずリスク(危険)とその対策についてもわかりやすく説明してくれる医師を指しています。

また、有名な医師がいるクリニックでも、施術の担当医が違えば結果が違うこともあります。別の医師が施術する場合は、その医師の監督の下で施術が受けられるのかどうかを事前に確認しましょう。

適切な料金かどうか

脂肪吸引は高額な手術なので、明確な料金設定と料金表をきちんと示しているかどうかが大事な条件となります。後から思わぬ請求をされて後悔しないよう、カウンセリングの際にきちんと説明をしてくれるクリニックを選びましょう。

施術とアフターケアの説明が丁寧かどうか

脂肪吸引の方法は非常に多く、施術方法によりダウンタイム(術後の痛み・腫れなどが回復するまでの期間)や仕上がりの美しさが変わってきます。施術方法は身体に負担がないものかどうか、アフターケアはどう行うのか、しっかり説明を受けてから判断しましょう。

ドクターに聞く!医師の腕と機械はどちらが大事?

クリニック選びの際には、医師の技術やセンスとともに使用される機械もポイントとなります。しかし、これらのうちどちらがより大事なのでしょうか?湘南美容外科クリニック神戸院の坂西院長に伺ってみました。

Q:脂肪吸引の機械と医師の腕は、どちらが大事ですか?機械がよければ誰がやっても大丈夫なのでしょうか?

A:脂肪吸引をわかりやすく説明する際に、私は野球を例として出させていただいています。医師は野球選手であり、機械はバットだと思ってください。

どれほど優れたプロ野球選手でも、プラスチックのバットではホームランを打つのは難しいと思います。逆にどれほど優れたバットを使っても、野球経験が浅くセンスのない人が使えば、やはりホームランを打つことは難しいでしょう。よい結果を出すためには、経験を積んだセンスのある選手が、最新の優れたバットで打つことが大事なのです。

脂肪吸引も同じことで、経験を積んだセンスのある医師が最新の優れた機械を利用すれば、よりよい結果を出すことができます。医師は、野球選手と同じく技術職になります。医師の経験(症例数)やセンス(症例写真)を参考に、ご自身の理想により近い結果を出している医師を選ぶことが重要と言えます。

クリニック選びは3つのポイントで

脂肪吸引をするにあたってクリニックは3つのポイントが重要になります。それが「名医がいること」「料金が適切なこと」「施術とケアの説明が丁寧であること」です。このポイントを踏まえたうえで、納得のいくクリニックで脂肪吸引治療を受けるようにしてください。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー