スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

脂肪吸引後のインディバやエンダモロジーによるケア

更新日:2017/03/29 公開日:2014/09/01

脂肪吸引後の機械によるアフターケアは、どのような場合に有効なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

脂肪吸引後のケアは必要?

吸引の量にもよりますが、脂肪吸引をした後は、ほとんどの場合に皮膚が硬くなったりでこぼこになったりします。これは拘縮(こうしゅく)と言って、脂肪がなくなった後の皮膚の回復期に起こる正常な反応です。拘縮は数か月で自然に治ることが多いですが、治るまでの期間には個人差もあります。回復を促進したり、皮膚を柔らかく滑らかにしたりするためにはケアを行うことが大切で、特にマッサージやストレッチなどが効果的という意見もあります。

脂肪吸引後の拘縮とそのケア方法について、詳しくは『脂肪吸引後の拘縮(硬縮・こうしゅく)の原因とケア方法は?』をご覧ください。

脂肪吸引後のアフターケアに使われる機械とは?

脂肪吸引後の拘縮ケアによく使われる機械には2種類あります。それぞれについて解説します。

インディバとは?

その1つが、「インディバ」という高周波温熱機器です。高周波を脂肪吸引後の部位に当てると、その部位の温度が中から数度上がります。これにより血行が促進されるため、体脂肪・内臓脂肪の燃焼が促されます。インディバは通常、痩身効果やリラクゼーション効果が期待できる医療機器です。これが脂肪吸引後のケアに使われることもあります。

エンダモロジーとは?

もう1つの機械は、セルライトの解消や脂肪吸引後のケアを目的としたマッサージ機械である「エンダモロジー」です。深部にまで効果をもたらすマッサージで血液やリンパの流れをよくすることで、老廃物やむくみを取り除き、軽度のたるみを改善します。

機械によるアフターケアの効果について

拘縮は基本的には治るものなので、セルフケアができていればそれで問題はありません。ただし、早く皮膚のでこぼこを取りたい、滑らかにしたいというような場合には、機械を使ったアフターケアが効果的です。

機械によるアフターケアを受ける際のポイント

インディバやエンダモロジーなどのアフターケアを受ける場合にはどのようなポイント押さえておくべきなのでしょうか。

アフターケアの方法について確認しておく

費用も高額になるため、脂肪吸引を検討する際には、施術を受けたいクリニックが機械によるアフターケアについてどのような考えを持っているのかを、あらかじめ調べて(質問して)おくことをおすすめします。

どこでアフターケアを受けるか決めておく

機械によるアフターケアは、脂肪吸引をしたクリニックだけでなく、それ以外の美容外科クリニックで行うことも可能です。自分がどこでアフターケアを受けるのかを決めておくといいでしょう。

美容サロンなどの場合は担当医に相談しておく

医療施設ではなく、機械を持っている美容サロンでの施術も可能ですが、その場合は必ず脂肪吸引をした担当ドクターに相談してから行ってください。

機械によるアフターケアを受ける場合の注意点

ここで気をつけたいのが、術後の正常な反応である拘縮ではなく、ドクターの技術不足によるでこぼこ(脂肪そのものの取り過ぎ、表皮近くの脂肪の取り過ぎなど)が起きている場合です。このようなケースでは機械によるケアでも治らない場合が多いため、再手術が必要になることもあります。

ドクターの技術不足による皮膚のでこぼこの詳細については、『脂肪吸引後に患部がでこぼこになるって本当?予防・改善方法は?』をご覧ください。

機械によるアフターケアは必要なのか?

これらの機械でのアフターケアはセルフケアよりも効果があるので、でこぼこが気になる、早く治したいという人にはおすすめです。しかし、絶対に受けなければいけないものではありません。担当医と相談しながら、必要があれば機械でのアフターケアを受けるといいでしょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー