スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

「見えない」「目立たない」歯列矯正があった!その内容と効果とは

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

歯列矯正・矯正歯科の基礎知識

歯列矯正は歯に金属を装着するため、人目が気になるという人は多いでしょう。こうした課題に対応して、最近は「見えない」「目立たない」矯正方法がいくつも出てきています。ドクター監修の記事で、最新の「見えない」「目立たない」歯列矯正を紹介します。

人にわからない歯列矯正

歯列矯正をしたいと思っても、見た目が気になって躊躇してしまう……という人は少なくないでしょう。笑ったときや話すときに口元で金属が光るというのは、誰でも気になるものだと思います。こうした課題に対して、人にわからない歯列矯正『リンガルブラケット』が出てきました。

ブラケット(ワイヤー)を口の裏側の装着するリンガルブラケットは、ぱっと見、装着していることがほとんどわかりません。矯正中は、装置の周囲で虫歯ができやすくなるのですが、裏側への装着は表よりも虫歯になりにくいというメリットもあります。

また、スポーツをする人は、表の装着だと何かの拍子にぶつかったりすることで唇や口内が傷つくことがありますが、裏側の矯正ではこのような心配も少なくなります。

リンガルブラケットは表につけるものよりも技術が必要なので、こうした施術に慣れている歯科医を選ぶことをおすすめします。

目立たない歯列矯正

人に目立たない矯正としては、

・ハーフリンガルにする。

・ワイヤーなどを目立たない素材にする。

・マウスピースを用いて矯正を行う。

などがあります。

ハーフリンガルとは、下の歯は前にブラケットを装着し、上の歯は裏側につけるといった方法です。下の歯は通常、上の歯ほど装置をつけていることが目立たないので、このような方法が取られます。リンガルブラケットよりも、安価に済む方法です。

表にブラケットを装着する際にワイヤーの素材をセラミックやプラスチック、ホワイトワイヤーやゴールドワイヤーなどの目立たない素材にすれば、矯正していることがわかりづらくなります。

マウスピースを用いて矯正を行う方法は、見た目には装着していることがそれほど目立たず、発音に関する問題もありません。また、取り外し可能なので、歯磨きなどのケアがしやすいというメリットもあります。期間もブラケットをつけるよりも短くて済むことが多いのです。

しかし、歯並びによっては効果的でないケースもあるので、医師とよく相談した上で矯正方法を選択しましょう。

また、自分の歯を削ってセラミックを被せるセラミック法という矯正方法もあります。

セラミック法は最短だと1週間程度でできるといわれている矯正方法です。色もきれいになるので、ホワイトニングも兼ねて行うことができます。

どちらかというと歯全体を矯正するというより、前歯等の矯正に向いている方法。また、歯ぐきが出っ張っているような場合は、歯茎の骨を削るか、部分的な矯正を組み合わせた治療を行います。

このセラミック法は、短期間に目立たずきれいな歯になりたいというような方におすすめの矯正方法です。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

今すぐ読みたい

ヘルスケア本