スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

歯並びを治す「マウスピース矯正」の特徴・期間・費用・効果

更新日:2017/01/18 公開日:2014/10/01

歯列矯正・矯正歯科治療の種類と特徴

マウスピースは寝ている間の歯ぎしりによる負担の軽減等、いくつかの使い方がありますが、歯列矯正にもマウスピースが使われています。マウスピース矯正の特徴・期間・費用・効果についてドクター監修の記事でお伝えします。

目立たない、取り外し可能なマウスピースによる矯正

ブラケットとワイヤーを使った矯正の見た目が気になるという人でも抵抗なく使えるのが、マウスピースを使った歯列矯正です。透明な素材で目立たず、マウスピースなので、歯磨きのときも取り外し可能できちんと歯がケアでき、虫歯になりにくいという特徴があります。装着時間は1日20時間程度。歯が移動してきて形が変わってきたら、新たなマウスピースを作り、これを繰り返して、矯正していきます。マウスピースにはいくつか種類があり、イークライナー、インビザライン、DENマウスピースなどがあります。

イークライナーは、3DのCADシステムを使い、最終的な歯並びをシミュレーションします。そのシミュレーションでできたマウスピースを1日20時間以上装着し矯正を行います。

治療時間や歯型取りの時間を短くできるといった特徴があります。

インビザラインは多くの歯科で取り入れられているもので、CTスキャンによって得たデータをもとに、治療計画を組み立てます。世界で100万人以上の症例を持つ矯正方法で、通院も2~3か月に1回で済みます。こちらも装着時間は1日20時間以上です。

また、昼間の装着がどうしても嫌という人には、1日8~10時間程度装着するDENマウスピースというものもあります。歯科によって取り扱っているマウスピースが異なるので、最初に確認したほうがよいでしょう。

また、マウスピースを使う場合は、中にホワイトニングジェルを入れて、歯のホワイトニングを同時に行うという使い方もできるので、歯並びと白い歯の両方を一度に行うことが可能です。

一般的に大幅に歯を動かさないといけないような矯正には向かないマウスピースによる歯列矯正ですが、最近では難症例にも用いられるケースもあります。

マウスピースによる治療の費用は?

前歯のみの軽度な歯列矯正の場合、費用は30万円程度でできることもあります。難易度が上がるほど、料金も高くなり、矯正期間も長くなると考えてください。長期にわたる場合の費用は、ブラケットとそれほど変わらなくなり、100万円ぐらいになります。

また、マウスピースとブラケットを併用した治療方法もあり、途中までブラケットとワイヤーで矯正した後、マウスピースを使うといったケースもあります。長期にわたってブラケットを装着することに抵抗がある方におすすめの方法です。

歯科によって取り扱いは異なり、治療方針も違いますので、矯正を始める前に情報をきちんと把握し、自分にあった方法を検討しましょう。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

関連Q&A

ヘルスケア本