スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

思春期・反抗期にあるべき親子関係とは

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

反抗期・思春期の子育て

思春期・反抗期の子どもは不安定なことも多く、コミュニケーションがとりにくいと考えている保護者の方も多いのではないでしょうか。ここでは、思春期の親子関係を良好に保つためのポイントを専門ドクター監修の記事で解説します。

親子関係

思春期・反抗期の子どもは不安定なことも多く、コミュニケーションがとりにくいと考えている保護者の方も多いのではないでしょうか。ここでは、思春期の親子関係を良好に保つためのポイントを解説していきます。

思春期における理想的な親のあり方とは?

小学校高学年頃から子どもは思春期を迎え、親に対して反抗的な態度をとることも多くなってきます。親にとっては今まで上手くとれていたコミュニケーションがとれなくなり、今後の親子関係に不安を抱く時期でもあるでしょう。ここでは、思春期の親子関係を良いものにしていくためのポイントを紹介します。

(1)反抗期を受け止める

反抗期や思春期の子どもの心の変化は、子どもの成長過程において当然あるべきことです。もし子どもがこれまでと違った態度で接してきたとしても、まずはそれを受け止めましょう。

(2)自分ひとりで抱え込まない

子どもとの関係に悩むことがあれば、なにも無理にひとりで解決することはありません。他の家族や学校、カウンセラーなどに相談してみるのも手です。

(3)子どもを支える

反抗的な態度をとっても、まだ子どもです。まだひとりで全て解決できる能力は備わっていません。しかし、この時期の子どもは正面から親に助けを求めることができません。親は子どもの背景として支え、子どもが何かを話そうとしている時には必ず耳を傾けることが大切です。途中で話をさえぎらず、最後までしっかり聞きましょう。子どもにとっては話しを聞いてくれる存在、何かあった時に助けてくれる存在がいることが重要なのです。

親子関係を良化する家庭教育とは?

思春期の子どもは成長に伴い自立心が芽生えることで、親と距離を置きたがったり反抗的な態度をとったりします。この時期の子どもは心の変化を感じとられることを嫌がるので、態度が変わったからといってしつこく詮索するのは避け、静かに見守りましょう。

反抗期を成長の過程と受け止め、過度な干渉はせず、ある程度子どもの意思を尊重してあげられるよう努めることが大切です。その上で間違っていることはしっかりと伝え、無理な要求には毅然とした態度で返すことも家庭教育として重要なことです。

今すぐ読みたい

ヘルスケア本