スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

小水疱型水虫の症状と市販薬の選び方、注意点

更新日:2018/09/03 公開日:2014/10/01

水虫の基礎知識

足に小さな水ぶくれが…その症状は小水疱型水虫かもしれません。ここでは専門ドクター監修のもと、足水虫ひとつである小水疱型水虫についての症状や薬の選び方を解説します。

小水疱型水虫

水虫というと「あまり人に知られたくない病気」という認識をもっている方は多いでしょう。恥ずかしい、治らない、相談しようにも相談できない。ですが水虫も病気のひとつですから、早期治療が大切です。ここでは水ぶくれができる小水疱型水虫について、できやすい部位や症状、市販薬の紹介をしていきます。

小水疱型水虫のできる部位と症状

足にポツポツと小さい水疱ができる症状です。皮がむけてくることもあります。指の付け根や足の側面、足の裏の土踏まずなどに比較的多く発症し、進行するにつれてかゆくなります。

水疱が破れると白や黄色の汁が出ることもありますが、それは水虫の原因となる白癬菌(はくせんきん)ではありませんから、媒介して水虫がうつることはありません。ですが雑菌が入るなどして化膿することもありますから、故意に潰すことはやめましょう。

また同じような水疱が手足にできるために、よく水虫と間違えられる皮膚病のひとつに汗疱(かんぽう)という症状があります。水虫との違いは水虫の白癬菌(はくせんきん)のある、なしの判断となりますから、その時は医師の判断が必要です。

※小水泡型水虫とよく似ている病気には、汗疱の他にも「掌蹠膿疱症」があります。詳しくは 『こんな症状があったら掌蹠膿疱症かも』(教えてドクター!掌蹠膿疱症お悩みホットライン)をご覧ください。

小水疱型水虫の市販薬の選び方

患部にしっかり塗り込めるものや手を汚さずに塗れるもののなど、さまざまな薬のタイプがあります。症状を第一に考えて選ぶのはもちろんですが、直接皮膚に塗るものですから感触の好みもあります。毎日続けられそうなタイプのものを選びましょう。

クリーム・軟膏

適量を患部と幹部周辺にしっかり塗ることができます。軟膏にはベトつき感があるため、気になる方はクリームが良いでしょう。昔からある薬のタイプで、購入・使用頻度が高いタイプです。

液剤

有用成分を液体に混ぜ込んだタイプです。アルコールを含むものが多く、ただれた患部には逆にしみて痛さを感じることもあります。症状と相談しながら使用しましょう。昔からある薬のタイプですが、今では容器が液だれしないように工夫されていているものも出回り、使い勝手が良くなっています。

スプレー剤

ミスト状なので患部に触れず、手を汚さず、広範囲に吹きかけることができます。ただれていると、しみることがあります。

エアゾール

ジェット噴射型でひんやりとした感覚です。患部に触れずに治療できます。

パウダースプレー

パウダーなのでベタつかずサラサラ感が続きます。狙った患部をピンポイントで治療できます。

小水疱型水虫の市販薬の注意点

市販薬の成分にはラノコナゾールなどの「白癬菌を殺菌する成分」、リドカインなどの「かゆみを抑えてくれる成分」がありますが、自分の症状と薬の成分配合が合わないと治りにくいこともあります。水疱が破れた状態であったり、傷がある場合は、症状を悪化させる可能性もあるのでいったん市販薬の使用を中止してください。

今すぐ読みたい

ヘルスケア本