スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

足がカサカサ!これって水虫?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

水虫の豆知識

水虫と聞くと、かゆい、ジメジメなどのイメージですが、かかとや足の裏、側面などがカサカサした症状の水虫があるのはご存じでしょうか?ただの乾燥やひび割れなどと間違えやすい水虫について、ドクター監修の記事で詳しく説明します。

カサカサ

カサカサの足は乾燥によるひび割れと判断しがちですが、もしかしたらそれ、水虫かもしれません。実は、水虫にも種類があります。ここでは、水虫の症状として代表的なジュクジュク感やかゆみなどを一切伴わない水虫について紹介します。

角質増殖型の水虫とは

一般的に知られている水虫は、患部がジュクジュクした強いかゆみが伴う症状のイメージがあります。しかし角質増殖型の水虫は、それらとは全く逆の症状が現れます。例えば足が白くカサカサしている、足の裏の皮が分厚くなった、足の裏の皮がむけるなどの症状があります。

角質増殖型水虫は乾燥やひび割れなどと勘違いしやすく、水虫の症状と気づかない方も多いです。そのため、そのまま放置してしまい、出血を伴うひび割れや他の部位に感染するなどのケースが多いです。

いくつ当てはまる?カサカサ水虫の症状をチェック

自分ではなかなか判断のしにくい角質増殖型の水虫の特徴を見ていきましょう。以下セルフチェックで当てはまる場合は、もしかしたら角質増殖型の水虫に感染している可能性も…。

【セルフチェック】

  • ジクジクした、もしくは水泡の症状が出たことがある
  • 爪が白く濁っている
  • 足裏の皮がポロポロと剥けてくる
  • 足の裏が粉をふいたような感じになっている
  • かかと周辺の皮膚が分厚くゴワゴワしている
  • 足の裏が乾燥して、ひび割れやすい

角質増殖型水虫の治療法とは?

角質増殖型の場合、内服薬で治療するのが第一優先です。水虫の治療薬と言えば塗り薬というイメージがあるかもしれませんが、角質増殖型の水虫や爪水虫など硬い部分などには塗り薬は浸透しづらく、内服薬を使って内側から治療していきます。

飲み薬は主に2種類あります。「ラミシール」と「イトリゾール」という名称の薬です。それぞれ治療期間に差はあまりありませんが、飲み方が異なります。ラミシールは継続して薬を服用し治療しますが、イトリゾールは一定期間服用、その後しばらくは薬の服用をお休みします。その後、また服用を続けるというサイクルを複数回繰り返していく方法です。

薬を飲めば水虫は完治しますので、気になる場合は早めの受診をしましょう。

ヘルスケア本