スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

腸内環境を整える!ビフィズス菌の効果

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/31

ビフィズス菌の効果と特徴

肌トラブルや便秘…気になる不調は、腸内のビフィズス菌が不足しているのが原因かもしれません。ビフィズス菌を補給して腸内環境が改善すると、どのような効果があるのかドクター監修の記事で解説します。

最近便秘がち、肌が荒れやすい…そんな人は、腸内のビフィズス菌が不足している可能性があります。ビフィズス菌が減ると、体の中で一体どのようなことが起こるのでしょうか。

さまざまな不調はビフィズス菌不足のせい!?

人間の腸内に存在する約100兆個ともいわれる腸内細菌には、人間の体に有用な働きをする善玉菌、そして害を与える悪玉菌、その他の日和見菌と呼ばれるものの3つに分けられます。この善玉菌と悪玉菌のバランスが、腸の状態を左右します。ビフィズス菌に代表される、善玉菌が優勢になっているのが腸の健康な状態です。

しかし、加齢や偏食、運動不足、ストレスによってビフィズス菌などの善玉菌が減少し、腸内の悪玉菌が増加すると、腸の働きが悪くなり便秘などさまざまな不調を引き起こします。便秘はそれだけでも不快な症状ですが、他の不調を引き起こす原因にもなりえます。便秘によって腸管のバリア機能が低下すると、有害な菌や、悪玉菌による腐敗産物、活性酸素が体内に取り込まれ、めぐりめぐって肌の乾燥や肌荒れなどの原因になってしまいます。

また、便秘が続くと、悪玉菌の代謝産物であるフェノール類(フェノールやパラクレゾール)とよばれる物質が腸内に増加します。このフェノール類が腸内から吸収され、血液を通して皮膚に蓄積すると、表皮細胞のターンオーバー(新陳代謝)が適切に行われなくなり、皮膚のくすみや乾燥の原因になることが分かってきています。

さらに、腸内の環境が悪化していると、食事の消化・吸収がきちんと行なわれず、栄養素が不足し、不調の一因となります。このように、ビフィズス菌が不足して腸内環境が悪化すると、体にさまざまな不調が起ってくるのです。

ビフィズス菌を補給して、腸内環境を整える

こうした不調を改善するには、ビフィズス菌を増やして、腸内環境を整えることが大切です。ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を作り出して腸内を酸性に保つことで、悪玉菌や病原菌の増殖を抑え、腸内の環境を整えます。また、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促す作用もあるため、便秘の解消にも効果を発揮します。

便秘が解消されて、悪玉菌が減り、フェノール類の発生が抑制されれば、肌の調子もアップします。腸内環境が整うことで、栄養素の消化・吸収も効果的に行われるようになるため、体調の改善も期待できます。ビフィズス菌には、カルシウムやマグネシウムなど、健康には欠かせないミネラルの吸収を促進する働きや、美肌効果の高いビタミンB群を産生する働きもあります。

ビフィズス菌によって腸内環境を整えることで、日々の不調を解消するさまざまな効果が期待できるのです。ぜひ積極的にビフィズス菌を補給して、健康な腸を目指しましょう。

今すぐ読みたい