スキンケア大学 メンズスキンケア大学

本気でバストアップ!胸を大きくする豊胸手術の特徴と種類

更新日:2017/12/18 公開日:2014/11/01

胸を大きく、美しく見せたいと願う女性は多くいらっしゃることでしょう。そこで、胸を大きくするための治療と豊胸手術についてご説明します。

豊胸手術の特徴とメリット

胸を大きくして美しいバストラインをつくる方法のひとつに、豊胸手術があります。「胸を大きくしたい! 美しいバストラインをつくりたい!」という女性の願望をかなえてくれる豊胸手術には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

大きくするだけでなく美しく整えられる

病気やケガなどによって形がくずれてしまった乳房を再建するために行なわれる「乳房再建術」を美容目的に発展させたものが、豊胸手術です。理想のサイズにバストアップしたり、形を整えたり、見た目の美しさを実現できます。

短期間で効果的にバストアップできる

運動やマッサージ、食品、サプリメント、下着など、胸を大きくする方法はたくさんありますが、根気よく続ける必要があり、効果も確実に期待できるものでもありません。短期間で確実にバストアップしたい方には、豊胸手術がおすすめです。

バストのコンプレックスを解消できる

サイズだけでなく、左右の大きさが違う、出産後にしぼんでしまったなど、胸の悩みは人それぞれです。豊胸手術では、胸を大きくするだけではなく、理想の胸の形に近づけることができるのでコンプレックスを解消することができるでしょう。また、豊胸手術には種類がいくつかあるため、予算も含めて自分にふさわしい手術を選択できます。

豊胸手術・治療の3つの方法

豊胸手術は、「脂肪注入法」「ヒアルロン酸注入法」「バッグ挿入法」と大きく3つの方法に分けられます。

脂肪注入法

太ももやおなかなどにある、自分の体の余分な脂肪を胸に注入します。自分の脂肪に含まれる細胞を使うため、不自然な硬さを感じにくいでしょう。手術はメスを使わず注射で行なうので、傷も最小限におさえられます。これまでは、しこりができたり石灰化したりするなどのトラブルもありましたが、採取した脂肪を加工する技術の発達により、安全性も高くなっています。この評価が高いのが、コンデンスリッチファット注入法という方法です。

ヒアルロン酸注入法

ヒアルロン酸を胸に注入してバストをアップする方法です。希望するサイズによってヒアルロン酸の量を決定します。ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なのでアレルギーなどの心配がありません。また、手術時間が30分ほどと短く、メスも使わないため、体への負担が少ないのが特徴です。ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていくので、バストアップを維持するためには定期的な注入が必要です。

バッグ挿入法

脇や乳房の下など体の一部を切開し、ジェルや液状の内容物を詰めたシリコン製のバッグを、乳腺の下や大胸筋の下に挿入します。ほかの豊胸手術に比べて、胸を大きくサイズアップすることが可能です。また、バッグは体に吸収されることがないため、長期間バストの大きさをキープできます。

短期間で胸を大きく、美しくできる豊胸手術は、美しさを求める女性に人気がある手術です。胸のコンプレックスを解消するために、豊胸手術という選択肢を考えてみてもよいでしょう。

カテゴリー