スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

脂肪溶解・分解注射(メソセラピー)の太ももへの施術効果と注意点

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/28

お腹やお尻と同じくらい脂肪を溜め込みやすい太ももは、できるだけ費用を抑えながらも、一度の施術で大きな効果を得たいというのが本音だと思います。そこで、ここではメソセラピー(脂肪溶解注射)による太ももの引き締め効果と、受ける際の注意点についてお伝えします。

太ももへの脂肪溶解注射(メソセラピー)の効果

皮下脂肪が多く、ダイエットではなかなか痩せにくい太もも。確実に細くしたいけど、メスを入れる施術はやっぱり怖い……できることなら、費用も抑えたい……このような方におすすめなのが、メソセラピー(脂肪溶解注射)です。

太ももは、脂肪と老廃物の塊であるセルライトが特に溜まりやすい部位です。筋肉の老化によって血液の流れが悪くなると、老廃物が溜まってどんどん脂肪が燃焼しにくくなります。つまり、老廃物で脂肪を閉じ込めた状態がセルライトとなり、太ももの内側と外側の皮膚に凸凹となって現れてくるというわけです。

メソセラピーには、セルライトや脂肪を溶かす効果が期待できます。さらに、血液の流れも活発にするため、溶かした脂肪を自然に体外へ排出させます。このような効果から、メソセラピーによる太ももの痩身治療は、特にセルライトが気になるという方におすすめです。また、個人差はありますが、複数回の施術で左右の太ももの間に隙間ができるくらいのサイズダウンも期待できるとされています。

太ももに注射するときの注意点

太ももは脂肪の溜まる範囲が広いため、1回の施術では効果が現れにくく、長期的な治療が必要となります。2週間に1度のペースで6回ほど注射を打ち続けることで、およそ3か月前後かけて脂肪が落ちていくとされます。1回の施術費用は、脂肪吸引に比べて比較的安価ですが、長期的に通院する必要があるため、結果的に当初の計画よりも費用がかさむケースが多いといわれています。後々のトラブルを避けるためにも、施術前に、治療回数と費用についてドクターに相談しておくことをおすすめします。

※1度の施術で高い効果が得られる治療法については『脂肪冷却・冷凍のダイエット効果』をご覧ください。

個人差はありますが、施術後にはダウンタイムも発生します。症状としては、筋肉痛のような痛みや腫れがあげられます。また、まれに内出血が起こる場合もあるといわれます。症状が長期間続く場合はドクターに相談しましょう。軽いマッサージは脂肪や老廃物の排出を助けるため、腫れや痛みが引いたら行うことをおすすめします。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー