スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

コーヒーは血圧を上げる?下げる?

更新日:2018/08/27 公開日:2014/12/26

高血圧の予防・改善方法

これまで、カフェインを多く含むコーヒーは血圧を上げるものと考えられてきました。しかし、アメリカの研究結果により、むしろ高血圧の予防効果があることが示されています。また、日本でもコーヒーを飲む人の方が長生きするという研究結果が出ています。ここでは、コーヒーと高血圧の関係について、ドクター監修のもと解説します。

ホットコーヒー

「コーヒーは高血圧の原因になる」は昔の定説?

カフェインには脳の神経回路を興奮させる作用があります。カフェインを多く含むコーヒーを飲むと一時的に血圧の数値は上がることが知られており、「コーヒーは高血圧を誘発する飲み物」というイメージがありました。血圧が気になるからと、コーヒーを飲むのを控えていた人もいるかもしれません。

しかし、コーヒーを飲んだ後の血圧の上がり方はわずかで、軽い運動をした時と同じくらいか、それよりも低いくらいとされています。また、数時間後には元に戻ることもわかっています。しかも、この変化はコーヒーを普段あまり飲まない人に見られるもので、コーヒーをいつも飲んでいる人には耐性ができているためか、飲んでも血圧の上昇はあまりみられないことが知られています。

つまり、「コーヒーは血圧にはほとんど影響しない」と考えてよいようです。

アメリカでの研究が定説を覆した!?

「コーヒーは高血圧を誘発する飲み物」というイメージを覆すきっかけになった一つに、2015年に発表されたアメリカの看護師健康調査があります[1]。これは約16万人の女性の健康に関して12年以上にわたり追跡調査を行う大規模な疫学研究です。この一環として、カフェインと高血圧のリスクを調べるアンケートを実施しました。

毎日4杯以上のコーヒーで高血圧リスクが低下

このアンケートを解析した結果、コーヒーを飲んでいても高血圧になるリスクはさほど変わりませんでした。むしろ1日あたり4杯以上飲んでいた人は、高血圧のリスクが少し減っていました。具体的には、毎日飲むコーヒーが1杯未満の人のリスクを1としたときに、毎日4杯以上飲む人のリスクは0.9くらいになるという程度です。

下がる血圧は0.5mmHg程度

このように、コーヒーに血圧を下げる効果があるかもしれないということで、同じような研究が世界中で行われました。2012年にはコーヒーと高血圧に関する複数の研究をまとめて解析した論文が発表されています[2]。それによると、コーヒーを飲んで下がる血圧は0.5mmHg程度で、高血圧の発症を防ぐ効果はほとんどみられなかったようです。

コーヒーは高血圧を誘発しない

今までに紹介した知見から言えるのは、少なくともコーヒーは高血圧を誘発はしない、ということです。コーヒーを飲むと血圧が上がる人はいますが、それは一時的なもので心配いりません。むしろ、日常的にコーヒーを飲んでいれば血圧が下がることが期待できます。ただし、その降圧作用はわずかなので、コーヒーをたくさん飲むことが高血圧の発症予防や治療になるとは考えないほうがよさそうです。

コーヒーを飲むと長生きする?

コーヒーを飲んでも高血圧にはたいして良い影響がないのか、とガッカリしたコーヒー好きの方に、最後に「コーヒーを飲むと長生きする」可能性を示した研究をご紹介します。

これは40~60歳代の日本人約9万人を対象にした研究で、コーヒーの摂取頻度と死亡の関係を調査したものです[3]。その結果、コーヒーをまったく飲まない人の集団と比べて、コーヒーを飲む人の集団の方が死亡のリスクは低いことがわかりました。コーヒーを飲む量が多いほどリスクは低くなり、1日3~4杯飲む人が最も低いことが示されました。

つまり、長生きするにはコーヒーを1日3~4杯飲むことが良い可能性があるということです。

クロロゲン酸とカフェインの効果?

では、なぜこのような結果が出たのでしょうか。この研究を行ったグループは、クロロゲン酸とカフェインという2つの成分がよい影響を及ぼしたのではないかと推測しています。

クロロゲン酸には血糖値や血圧を改善し、炎症を抑える作用があるといわれています。また、カフェインには血管を健全に保つ効果や、気管支拡張作用による呼吸器機能の改善効果が期待されています。これらの作用で、血管や呼吸器の病気を予防し、結果的に死亡リスクを下げたのかもしれません。

おわりに

コーヒーは、高血圧とは無関係であるうえに、習慣的に飲んだ方が健康には良さそうだということが分かってきました。血圧に良くないからとコーヒーをあきらめていた方は、これを機に飲み始めてもいいのではないでしょうか。ただし、コーヒーが良いからといって飲みすぎると、カフェインの摂り過ぎになって健康を害しますし、砂糖を入れる場合は糖分過多になりかねませんので注意してください。

参考文献

  1. [1]Winkelmayer WC et al. Habitual caffeine intake and the risk of hypertension in women. JAMA 2005; 294(18): 2330-5.
  2. [2]Steffen M et al. The effect of coffee consumption on blood pressure and the development of hypertension: a systematic review and meta-analysis. J Hypertens. 2012; 30(12): 2245-54.
  3. [3]Saito E et al. Association of coffee intake with total and cause-specific mortality in a Japanese population: the Japan Public Health Center-based Prospective Study. Am J Clin Nutr. 2015; 101(5): 1029-37.
  4. [4]国立がん研究センター予防研究グループ. コーヒー摂取と全死亡・主要死因死亡との関連について
  5. https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/3527.html (参照2018-08-24)

今すぐ読みたい

ヘルスケア本