スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

胸焼けの解消法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/12/15

胸焼けの対処・治療方法

食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしたときは、誰でも胸焼けを起こすものですが、何度も繰り返すときは要注意です。そこで今回は、胸焼けを起こしたときの解消法をご紹介していきます。

まずは病院で適切な治療を

食べ過ぎや飲み過ぎで、「胸焼け」を感じることは、誰にでもよくあることです。しかし、胸焼けが一時的なものではなく、慢性的に続くようなら、まずは病院で検査を受けましょう。

一般的に胸焼けを起こしやすいのは、胃の内容物が食道に逆流する「胃食道逆流症」で、この病気は、それほど怖いものではありません。

しかし、「胃潰瘍」や「十二指腸潰瘍」で胸焼けが起こることもあり、この場合は、放っておくと、粘膜に穴が開いて、手術が必要になることもあります。また胸焼けは、「胃がん」や「食道がん」によっても起こることがあります。

このように、胸焼けの原因には、さまざまなものがあり、原因によって、効果がある薬も違ってきます。適切な対処をするためには、病院できちんと診てもらいましょう。それが胸焼け解消の1番の近道です。

適量の食事をよく噛んで食べる

満腹になるまで食べてしまうと、胃が大きく引き伸ばされて、食道と胃のつなぎ目がゆるくなり、胸焼けを起こしやすくなります。食事は、腹八分目を心がけましょう。ゆっくりよく噛んで食べると、満腹中枢が刺激され、食べ過ぎの防止につながります。また、良く噛んで食べれば、消化しやすくなるので、胃への負担を軽減することもできますし、食べる量も自然と減少します。

胸焼けを起こしやすい食べ物は控えめに

脂っこいもの、激辛のもの、熱すぎるもの、酸っぱいもの、甘いもの、カフェイン、アルコール、タバコなどの食べ物は、胸焼けを起こす原因になります。胸焼けを起こしやすいときは、こういったものの摂取をなるべく控えるようにしましょう。

胸焼け対策の裏ワザ

胸焼けは、胃酸が食道に逆流することで起こるので、牛乳や水を飲んで、食道を洗い流せば、胸焼けの症状を軽減できます。また胸焼けは、食後に起こりやすいので、食後にガムを噛んでいると、唾液の分泌が活発になって、逆流した胃酸を中和したり、食道を洗い流したりすることができます。

この病気・症状の初診に向いている科 消化器科

今すぐ読みたい