スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

胸焼けによる吐き気

更新日:2016/12/09 公開日:2014/12/22

胸焼けの原因・症状

胸焼けに伴って、吐き気も起こるという場合は、胃腸の病気で、胃酸が過剰に分泌されている場合があります。そこで今回は、胃酸過多や胸焼け、吐き気を伴う病気についてご紹介します。

胸焼けと吐き気が起きる原因は?

「胃酸過多」は、胃液の分泌機能が高まり、胃酸が過剰に分泌されてしまう状態のことです。胃液が食道に逆流しやすくなり、胸焼けや吐き気などが起きやすくなります。ストレスの影響で起こりやすい症状ですが、胃腸の病気に伴って起きることもあるので、注意したいところです。

そこで、胃酸過多を招きやすい病気には、どんなものがあるのかを見ていきましょう。

胸焼けと吐き気が伴う病気

【胃・十二指腸潰瘍】
胃・十二指腸潰瘍は、タンパク質を消化する「ペプシン」や塩酸を含んだ胃酸によって、胃や十二指腸の粘膜が消化され、粘膜の表面がただれたり、筋肉の層までえぐり取られたりする病気です。

ピロリ菌の感染、強いストレス、非ステロイド系消炎鎮痛薬、刺激の強い食べ物などによって、粘膜を守る「防御因子」と、粘膜を傷害する「攻撃因子」のバランスが崩れることで起こります。

胃・十二指腸潰瘍の症状は、胸焼けや吐き気のほかに、みぞおち辺りの痛み、腹部の不快感、食欲の低下、腹部膨満感などです。

【慢性胃炎】
胃粘膜に刺激が繰り返し加わることで、慢性的に炎症を起こる病気です。ピロリ菌の感染が原因だと言われており、ほかにも、加齢による胃の老化、食事や喫煙・飲酒の影響、ストレスなどが影響しているという説もあります。

慢性胃炎は、自覚症状がない場合もありますが、自覚症状があるときは、胸焼けや吐き気のほかに、胃もたれ、胃の鈍い痛み、腹部膨満感、食欲低下などを感じます。

病院で検査を受けよう

 胃・十二指腸潰瘍や慢性胃炎かもしれないと感じたら、市販の胃薬などでやり過ごしたりせず、病院で一度きちんと検査を受けるようにしましょう。

胃の検査というと、大変なイメージがあるかもしれませんが、内視鏡の進歩によって、細くて入りやすいものになったので、以前に比べれば、かなり楽に検査を受けることができます。また、ピロリ菌に感染している場合は、薬を使った除菌治療を受けることで、不快な症状が完治する可能性も高いと言われています。

この病気・症状の初診に向いている科 消化器科