スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

口コミで人気!マイクロバブルシャワーヘッドの洗浄力と効果

更新日:2018/04/17 公開日:2015/03/01

  • この記事の監修ドクター

    この記事の監修ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

通常のシャワーヘッドから付け替えるだけで肌も髪も美しくなれる、と美意識の高い女性や美容師たちの間で話題となっているマイクロバブルシャワーヘッド。
マイクロバブルシャワーヘッドとはどのようなもので、使うことでどのような効果が得られるのでしょうか。実際に行われた検証結果を交えて紹介します。

口コミで人気!マイクロバブルシャワーヘッドの洗浄力

マイクロバブルシャワーヘッドの一番大きな特徴は、「マイクロバブル」という小さな泡を発生させる機能がついているところです。通常の泡の大きさは約1000μm以上ありますが、マイクロバブルは約50μm以下。人間の毛の太さがおよそ80μmですから、かなり微細な泡であると言えます。

このマイクロバブルは毛穴の中に入り込みやすいため、毛穴に溜まった汚れや皮脂を洗い流す働きに秀でており、その非常に高い洗浄力は、さまざまな機関で研究が進められています。ある検証では、マイクロバブルがシャンプーのすすぎ残しや皮脂汚れが気になる頭皮にも有効であると確認されています。頭皮の洗浄力についてマイクロスコープを使って比較したところ、マイクロバブルシャワーの場合では、通常のシャワーでは落とせなかった皮脂汚れまできれいに洗浄されていることが確認できました。

このように毛穴につまりやすい皮脂汚れもすっきりと洗い流せるため、全身の肌や髪の生まれ変わりをスムーズに導くことが期待できるのです。

マイクロバブルシャワーヘッドの美容効果

マイクロバブルのお風呂で保湿効果がアップ!

マイクロバブルは水圧や水温の影響を受けやすいというデメリットがあるのですが、この問題を解決する「バブルコントロール機能」というものも開発されています。これにより、浴槽に溜めたお湯の中に約3300万個という大量のマイクロバブルを放ち、シルクのようにキメ細かい「シルキーバス」を簡単につくれるものもあります。

シルキーバスに入ると、マイクロバブルが肌に吸着します。熱を通しにくい気泡がお湯と肌の間に入り込むことで、体内の熱が逃げにくい状態がつくられるのです。この保温効果に関する試験結果も発表されています。

普通のお湯とシルキーバスに同じ条件で入浴したところ、入浴後20分経つと、普通のお湯では肌の表面温度が入浴前と同じ31.2度に戻ってしまいましたが、シルキーバス入浴では入浴直後の34.9度から32.4度までしか下がりませんでした。つまり、マイクロバブルを使用したシルキーバスは、入浴後もしばらくは保温効果が継続することがわかったのです。(上図参照)

美容液を浴びるようなうるおいケアも

マイクロバブルシャワーヘッドは日々進化し続けています。「洗浄力」と「保温効果」だけでなく、「うるおいケア」までしてしまおうという技術も開発されました。高純度コラーゲンやアミノ酸といった保湿成分が配合されたカートリッジをシャワーヘッドに収納し、スイッチを入れるとカートリッジ内にお湯が流れ、美容成分が溶け込んだマイクロバブルシャワーを浴びることができるという仕組みです。高純度コラーゲンが肌の表面に膜をつくり、乾燥を防いで潤いのある肌へと導きます。

マイクロバブルで体全体をケアし、シルキーバスで体を芯から温める。そして、最後に美容成分を全身に浴びる――こんなバスタイムであれば、肌や髪がどのように変化するかも楽しみの一つになるでしょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー