スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

妊娠の超初期症状・兆候とは?妊娠の可能性をセルフチェック

更新日:2017/12/01 公開日:2015/01/30

妊娠の超初期症状

生理予定日が過ぎてから妊娠が確定するまでの期間にみられる症状のことを「妊娠超初期症状」と呼びます。ここでは、ドクター監修の記事で、妊娠超初期に見られる症状や、妊娠のセルフチェック方法、妊娠検査薬の使用時期などについて解説します。

妊娠週数は、前回の生理開始日から計算します。そのため、正常に生理が来ている方の場合、生理予定日を過ぎて遅れに気づくころには、妊娠4~5週目に入っています。この妊娠4~5週ごろから、産婦人科で診察を受けて妊娠が確定するまでの時期を一般に「妊娠超初期」と呼びます。妊娠超初期には、女性の身体の内外でいろいろな自覚症状が出ることがあります。

妊娠超初期症状の兆候とセルフチェック

代表的な妊娠超初期症状としては、以下のようなものがあります。風邪や生理前の症状によく似たものもありますので、必ずしも妊娠の兆候とは限りません。

基礎体温が高いまま下がらない

基礎体温が高い状態が3週間ほど続く場合は、妊娠の可能性が高いと言えます。女性ホルモンの「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が、妊娠を継続するために体温を上昇させています。生理が正常な周期で来ている方の場合、排卵日から次の生理予定日まで約2週間が高温期となります。妊娠超初期症状にみられる熱っぽさやだるさは、この高温期も関係していると考えられます。

妊娠後、高温期が続く期間は、胎盤ができはじめる妊娠13週頃より、卵巣からでなく、胎盤からの妊娠維持ホルモンに切り替わるため基礎体温が下がり始めます。

妊娠超初期症状としてみられる基礎体温の変化、また基礎体温の正しい計測方法については、『妊娠超初期症状と基礎体温の変化』もあわせてご覧ください。

体がだるい

体温が高いので、熱っぽさや疲れに似ただるさを感じることがあります。風邪の症状によく似ているため、見過ごすことが多いかもしれません。

眠い

女性ホルモンの影響や、身体の急激な変化によって知らないうちに疲れが出ていることもあり、眠気を感じます。いくら眠っても寝足りないケースや、目を開けていられないほどの強い眠気に襲われるケースもあります。妊娠初期には比較的多くの方が感じる症状です。

乳房の変化

プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響によって、乳房にも変化が起こります。乳房に張りを感じるようになり、乳首が敏感になったり、痛みを感じたりすることもあります。

イライラしやすくなる、涙もろくなる

黄体ホルモンの影響や身体の変化にともない、情緒も不安定になりがちです。ちょっとしたことですぐにイライラしたり、涙もろくなったりします。

トイレが近くなる

子宮が大きくなるにつれ、膀胱が圧迫されるため頻繁に尿意を感じるようになり、トイレに行く回数が増えることが多くみられます。ほかにも、尿漏れや残尿感を感じる、尿が出ないなどのケースも時々あるようです。

便秘・下痢

プロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠による身体の変化に合わせ、胃や腸のはたらきを鈍くさせます。腸の動きが悪くなるため、便秘や下痢になります。

妊娠超初期症状としてみられる下痢の原因と対策については、『妊娠超初期に下痢の症状はあらわれる?』もご覧ください。

胃痛・吐き気

胃のはたらきが鈍くなることで吐き気を感じるなど、つわりの症状が出てくる方もいます。ただし、生理前になると毎回胃痛や吐き気を感じるという方の場合は、月経前症候群(PMS)で起こる吐き気と妊娠初期の「つわり」の違いに気づくのは難しいでしょう。

基礎体温を確認し、高温期が続いていて下がる傾向が見られずに吐き気を感じるときには、妊娠している可能性が高いと言えます。

おりものの変化

妊娠すると、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の量が増え、この刺激によっておりものの分泌量が増えることがあります。

特に妊娠超初期において、腹痛とともに血液が混ざった分泌物が多く出てきた場合には、切迫流産や稽留流産の可能性が考えられるため、出血が続く場合には早めに産婦人科へ相談しましょう。

妊娠超初期症状に現れるおりものの特徴や役割については、『妊娠超初期症状で現れるおりものの変化』もご覧ください。

腰痛

妊娠後すぐに「リラキシン」という卵巣ホルモンが分泌され始めます。リラキシンは、月経前や妊娠後期にも盛んに分泌されますが、出産に向け骨盤が少しずつ開くよう働きかけるため、骨盤周りのじん帯を緩ませ、それによって骨盤がぐらつき不安定になります。このぐらつきを支えようとする骨盤や腰回りの筋肉に負担がかかり、腰痛を招きます。骨盤が不安定なまま姿勢を保とうとするため、腰痛だけではなく背中や足の付け根が痛むケースも出てきます。

妊娠前から腰痛が起こりやすい方や筋力の弱い方は特に、妊娠初期から腰痛になりやすいと言えます。

妊娠超初期症状としてみられる腰痛の原因と対策については、『いつもとちがう腰痛…妊娠超初期症状の可能性はある?』もご覧ください。

腰痛を感じた時、普段は湿布や塗り薬などを使う方もいると思いますが、妊娠の可能性がある場合、薬によっては胎児に影響を及ぼすこともあるため、薬を使う前に医師や薬剤師に相談しましょう。

頭痛

妊娠超初期に「片頭痛」が起きることがあります。ズキンズキンと脈打つような痛みで、ひどい場合には、嘔吐したり、なにも手につかなくなったりする方もいます。今まで片頭痛持ちではなかった方が、頻繁に頭痛が起きるようであれば、女性ホルモンのバランスが変化したことによる影響かもしれません。

つらい頭痛は早くなんとかしたいものですが、腰痛と同様に、すぐに薬で対処するのは避け、まずは医師や薬剤師に相談してください。

出血

妊娠によって出血することがあります。妊娠超初期症状としてあらわれる出血の8割以上は、「着床出血」だといわれています。

着床出血とは、受精卵が子宮内膜に根を下ろす(着床する)際に、内膜を傷つけてしまったことで起こる出血で、出血量が多いと、外に漏れ出てしまうことがあります。その色は、茶褐色だったり、薄いピンク色だったり、真っ赤な鮮血だったりと個人差がありますが、いずれも少量(トイレでティッシュにつく程度)なのが特徴です。

妊娠しているか判定するには

上記の兆候が見られたり、妊娠の可能性を感じたりしても、それだけでは妊娠の有無を判定できません。

より確実に妊娠を判定する方法として妊娠検査薬を使う方法があります。

妊娠検査薬はいつから使える?

一般的に使われている妊娠検査薬の多くは生理予定日の1週間後あたりから使用可能です。ただ、はやる気持ちを抑えられず、それよりも早いタイミングで検査してしまう人も。その場合、正しいタイミングで使用していないため、陰性と判定され、後日、妊娠が判明したという方もいます。

なぜなら、通常の妊娠検査薬では、妊娠を示すhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)の尿中濃度が一定量にならないと妊娠したかどうかを判別できないからです。つまり、これより前に使用しても、検出できるホルモン量が少ないため、正しい結果が出ません。

それでも、少しでも早く結果を得たい方は、「早期妊娠検査薬」を使うとよいでしょう。

早期妊娠検査薬の特徴

標準タイプより一週間早いタイミングで使用可能
hCGホルモンに対する感度が高いため、標準タイプの検査薬より1週間早い「生理開始予定日」から使用可能です。
より低いhCGホルモン濃度で判定可能
標準タイプの妊娠検査薬の判定可能なhCGホルモン濃度が50IU/Lであるのに対し、早期妊娠検査薬は25IU/Lとなっています。

ただし、hCGホルモンが分泌される速度には個人差があります。また、妊娠検査薬の使用方法が誤っていたり、生理予定日の日数計算を間違えてしまって、妊娠検査薬の使用タイミングが早かったり、採尿前に大量に水分を摂取していたために尿中のhCG濃度が薄まっていた場合なども、正しい結果がでないことがあります。

妊娠を確実に知りたい場合は、産婦人科を受診しましょう。

妊活中から積極的に葉酸を摂取

葉酸は妊娠初期に不足すると、胎児に神経管閉鎖障害が起こるリスクが高まります。そのため、厚生労働省では、妊婦が1日に摂取するべき葉酸の量について目安を定めています。

妊婦に必要な葉酸の摂取量

妊婦が1日に摂取したい葉酸の推奨量は「480μg」です。非妊時の場合は240μgですから、通常の2倍もの葉酸が必要ということになります。(※μg=マイクログラム)

遺伝子情報をもつDNAで構成された核酸の合成を助け、細胞の分裂や増殖を促す作用がある葉酸は、胎児が成長するために欠かせない栄養素です。特に、胎児の脳や脊髄の基礎となる神経管が作られる妊娠7週目までに重要な役割を果たし、この時期に不足すると、先天異常(神経管閉鎖障害)を起こすことがあります。

胎児は受胎直後から活発に細胞分裂を進め、妊娠2か月目(4~7週目)には脳や脊髄の神経細胞の約8割が作られます。そのため、厚生労働省では「妊娠する1か月以上前から妊娠3か月まではしっかり摂取するのが望ましい」としています。

妊娠を希望している方は、妊活を開始したら意識して葉酸を摂取する習慣を心がけましょう。

ヘルスケア本