スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

歯周病を予防・改善する歯磨き粉の選び方

更新日:2016/12/15 公開日:2015/03/02

歯周病(歯槽膿漏・歯肉炎)の予防と治療

歯磨き粉にはいろいろな種類が販売されています。それでは歯周病を予防・改善するためにはどのような製品を選ぶのがよいのでしょうか?今回は、歯周病によい歯磨き粉の選び方について、ドクターの監修のもとご紹介します。

歯磨き粉

歯周病にいい歯磨き粉とは?

ドラッグストアに行くといろんな種類の歯磨き粉が並んでおり、どれを選べばよいのかわからなくなってしまったこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、歯周病の予防・改善に効果的な歯磨き粉の選び方についてご紹介します。

薬用成分が入っているものを選ぶ

歯磨き粉は、大きく分けると、「医薬部外品」と「化粧品扱い」のものがあります。医薬部外品とは、薬用成分を配合したもののことです。歯周病を予防・改善するために歯磨き粉を使うなら、医薬部外品と記載されたものを選ぶようにしましょう。

歯磨き粉に配合されている薬用成分にはさまざまなものがあり、その効果も多岐に渡ります。歯周病に効果がある薬用成分には、次のようなものがあるので、チューブや外箱に記載されている表示をきちんと確認し、目的に合った製品を選びましょう。

デキストラナーゼ(酵素)…歯垢(プラーク)を分解する作用があり、歯垢を除去したり、歯垢の付着を防いだりする。

トラネキサム酸…抗炎症作用で、歯周病を予防したり、出血を防ぐ

オウバクエキス…抗炎症作用・収れん作用で、歯周病を予防する

塩化ナトリウム…収れん作用で、歯周病と口臭を予防する

酢酸トコフェロール(ビタミンE)…歯茎の血行を促進し、歯周病と口臭を予防する

イソプロピルメチルフェノール(IPMP)、塩化セチルピリジニウム(CPC)、トリクロサン…殺菌作用で、歯肉炎と口臭を予防する

モノフルオロリン酸ナトリウム…再石灰化を促進したり、歯質を強化する

研磨剤は入ってないほうがよい

多くの歯磨き粉にはタバコのヤニや茶渋など、歯の表面についた色素を落とすための「研磨剤」が配合されています。しかし、研磨剤を使い過ぎると歯の表面を削り取ってしまうので、かえって歯垢がこびりつきやすくなる可能性があります。できれば研磨剤が入っていないものを選びましょう。研磨剤とは、リン酸水素カルシウム、炭酸カルシウム、水酸化アルミニウムなどのことです。また、歯の色素の沈着が気になるなら、研磨剤の入った歯磨き粉を使うよりも、歯科医で歯のクリーニング(PMTC)を受けることをオススメします。

フッ素配合の歯磨き粉は?

フッ素には、歯磨きだけでは落としきれないプラークによって作られる酸の量を抑制する働きがあります。酸を抑制することによって、歯の再石灰化を促したり、歯質を強化したりすることで虫歯の予防につながります。

フッ素配合の歯磨き粉を使用した後、口の中をすすぐことによって口全体にフッ素が広がり、さらに虫歯の予防効果を高めます。

歯磨き粉はどのくらいつければいい?

歯磨き粉のCMを見ていると、歯ブラシいっぱいに歯磨き粉をつけているので、そのくらいつけるのが当たり前だと思っていませんか?しかし歯磨き粉は、歯ブラシに1.5センチくらいつければ十分です。たくさんつけ過ぎると泡立ちの良さやミントのスッキリする香りで、「磨けたつもり」になってしまいがちなので注意しましょう。歯磨きの基本はあくまでもブラッシング。歯磨き粉は、あくまでも補助的なものだと心得ましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 歯科

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

関連Q&A

ヘルスケア本