スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

医師に聞く!下痢が止まらない時の正しい対処法

更新日:2017/05/16 公開日:2015/03/03

下痢の症状・原因・対処法

下痢にはさまざまな原因があります。肉体的・精神的にも負担となる長引く下痢には、どう対処したらいいのでしょう。専門のドクター監修のもと、下痢が止まらない原因とそのときの対処法について詳しく解説します。

医師に聞く下痢の対処法

下痢には短期間のうちに症状が現れて治る急性のもの、長期間続く慢性的なものがあります。原因はさまざまですが、肉体的にも精神的にも負担となる長引く下痢には、どのように対処したら良いのでしょうか?

下痢が止まらない原因

下痢は、便の水分量が増えて液状になってしまう症状です。これは、腸のぜん動運動が活発になり過ぎたことで腸内の水分吸収がうまくいかず、その水分が便に大量に含まれてしまうことが原因です。

普段健康な方でも、食べ過ぎや飲み過ぎ、冷えなどによって下痢の症状が現れますが、短期間で治る場合がほとんどです。これらの下痢や細菌やウイルスなどによる下痢は、「急性下痢」と呼ばれています。

その一方、2~3週間以上も下痢が続いている場合は「慢性下痢」といいます。慢性下痢でクリニックを受診する方の多くは、「過敏性腸症候群(IBS)」が原因です。ストレスや不安、緊張などで腸のぜん動運動が活発化し、下痢の症状が起こります。排便してもスッキリしない、痛みが緩和されない、ガスが溜まりやすくいつもお腹がゴロゴロしている気がする、テストや人前での発表など緊張するとお腹が痛くなる…そんな自覚症状のある方は、このタイプの可能性が高いでしょう。

そういったタイプの方の中には、常にトイレを意識してしまい、「痛くなったらどうしよう」「会議や電車の中で下痢になったらどうしよう」という恐怖心や不安がストレスとなって、悪循環を招いているケースも少なくありません。

また、数は少ないですが、潰瘍性大腸炎やクローン病、大腸がんなど腸の病気などが原因となって下痢が止まらないというケースも見られるため、長引く下痢には注意が必要です。

下痢を止めるための対処法

このように長期間に渡って下痢に悩まされている場合は、医療機関の受診をすすめます。しっかり検査することで下痢の原因を知り、正しい対処ができます。さらに病気が原因であれば、早期の治療に臨むことができます。

胃腸などに問題がなく精神的なものが影響している場合は、不安やストレスを取り除いていくことが改善への近道です。しかし「ストレスを溜めないように」「気にしないようしよう」と頭ではわかっていても、それを実践していくことはなかなか難しいものです。ひとりで悩まずに、メンタルクリニックなどの受診を視野に入れるのもひとつの方法です。

また、過敏性腸症候群の場合は、日頃の生活習慣を見直すことで症状が緩和されることもあります。不規則な生活を改善し、できるだけ規則正しい生活を心がけましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 内科

今すぐ読みたい

ヘルスケア本