スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

糖分を食べ過ぎたらコレ!血糖値を下げる飲み物

更新日:2017/05/16 公開日:2015/04/03

血糖値を下げる方法

糖尿病予防に関心があるなら、まずは高血糖を防ぐことが大切。こちらでは、血糖値を下げる飲み物について成分別に紹介しています。清涼飲料水から健康飲料に切り替え、血糖値を徐々に下げていきましょう。

血糖値をさげるためには?

こちらでは高血糖対策に役立つ、血糖値を下げる飲み物を紹介しています。

血糖値を下げる飲み物に含まれる成分

高血糖に悩んでいるのであれば、まずは食生活の改善が急務です。そこで、血糖値を下げる効果が認められている成分を紹介し、それぞれの成分を含む飲み物を紹介したいと思います。清涼飲料水、糖分を含む紅茶飲料などは健康の大敵。糖尿病リスクに直結する高血糖を改善し、健康を維持するためにも、健康的な飲み物へと切り替えましょう。

<プロピルアリルジスルフィド、サイクロアイリン>

これらはタマネギに含まれている匂い成分で、いずれも硫黄化合物の一種として血糖値、血圧を下げる作用が知られています。

<アルポラン>

アルポランはアロエに含まれており、血糖値を下げるホルモンのインスリン分泌を助ける作用を持っています。

<リコピン>

リコピンはトマトに含まれる強力な抗酸化成分ですが、抗酸化作用と同時にインスリンの働きをサポートする効果も認められており、インスリン抵抗性による糖尿病予防に一定の効果が期待できるでしょう。果汁100%のトマトジュースであれば、リコピンの効果を充分に享受することが可能です。

<コロソリン酸>

コロソリン酸は、インスリンに類似した作用を持つ成分で、血糖値を低く安定させる効果を持っています。東南アジアでは薬として用いられており、バナバ葉、ゴーヤなどに含まれています。

<ノビレチン>

ノビレチンには血糖値を下げる作用のほか、抗炎症作用などが認められており、健康に寄与するところの大きな成分と言えます。柑橘類の皮に含まれていますが、特に沖縄で栽培されるシークァーサーに多く含まれているのが有名。

これらの成分を含む飲み物として、タマネギ茶、アロエジュース、トマトジュース、バナバ茶、ゴーヤ、シークァーサージュースなどが血糖値を下げる飲み物としてオススメと言えます。

また、多くの野菜ジュースには食物繊維、クエン酸が含まれているため、血糖値の上昇を抑える作用が期待できます。これはラットを用いた実験でも確認されており、信憑性は高いと言えますが、材料の野菜によって効果にバラつきが出るため、あくまで参考として取り入れて頂ければ幸いです。

緑茶ポリフェノール、コーヒーのクロロゲン酸なども血糖値を下げると言われていますが、実はカフェインには血糖値を上昇させる作用があるため、ここでは除外しております。

血糖値対策の注意点

ここまで紹介したように、血糖値を下げるためにも有効成分が含まれる飲み物を適度に摂取すれば、高血糖対策としての効果が期待できます。

ただし、市販の野菜ジュース、アロエジュース、シークァーサージュースは糖分が含まれていることも多く、摂取することで逆に糖質過多を招く可能性も否定できません。必要に応じて、ミキサー、フードプロセッサーなどで手作りをするか、あるいは糖分ゼロの商品を選んで購入するといったことも必要になるでしょう。

また、上述した飲料以外でも、血糖値の上昇を抑える効果を謳った特定保健用食品であれば、充分な効果が期待できます。そういった健康食品を上手に活用して、血糖値の上がらない食生活を目指して頂ければ幸いです。

この病気・症状の初診に向いている科 内分泌・代謝内科