スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

口内炎の原因はビタミン不足?ビタミンB2の多い食べ物

更新日:2018/05/02 公開日:2015/03/02

口内炎の治し方・治療方法

口内炎になると、ビタミン不足かなと心配になりますよね。ここでは、ビタミンB群(特にビタミンB2)の働きや多く含む食事についてドクター監修のもと説明します。口内炎を早く治すために摂りたい食品や、正しい摂り方も紹介します。

◎短くポイントをまとめると
口内炎を早く治すために、皮膚や粘膜を守るビタミンB2は意識して摂りたい
ビタミンB2だけでなく、ビタミンB群をまとめて摂るのが重要
香辛料を避ける、冷たくして食べる、禁煙するなど、食事や生活面の工夫も

ビタミン摂取のイメージ画像

口内炎を早く治したい時、ビタミンB群が良いとされていますが、なぜ効果的なのでしょうか?ここでは、それらのビタミンの働きと、その中でも口内炎に深く関わるビタミンB2に焦点を絞って解説します。また、ビタミンB群を含む食材や、正しい摂取方法も頭に入れておきましょう。

皮膚や粘膜を守るビタミンB2に注目

ビタミンB群は代謝ビタミンと呼ばれ、私たちが生きるためのエネルギーをつくり出すのに欠かせない栄養素です。ビタミンB群には、ビタミンB1、B2、ナイアシン、B6、B12、葉酸、パントテン酸、ビオチンが含まれます。その中でも、口内炎に深く関わっているのが、「皮膚や粘膜のビタミン」と呼ばれるビタミンB2。タンパク質(アミノ酸)や脂質、炭水化物をエネルギーに変え、皮膚や粘膜の成長を促進する働きをしており、不足すると口内炎ができやすくなったり、治りにくくなったりします。

ビタミンB2を多く含む食材

皮膚や粘膜をつくるのに必要なアミノ酸や脂質、炭水化物の代謝に関与。不足すると肌荒れや口内炎、口角炎など、皮膚や粘膜にトラブルが起きます。

  • うなぎ
  • レバー
  • カレイ
  • 納豆
  • うずらの卵
  • 牛乳

しかし現代では、食品の精製や加工によってビタミンB群が減っている上、ビタミンB2はストレスや飲酒によって体内で大量消費されてしまい、常に不足しがちな状況になっています。そのため、口内炎を予防するには意識して食事で補給し、皮膚や粘膜の代謝を正常に機能させる必要があります。

脂溶性ビタミンであるビタミンA・D・E・Kは体内に蓄積されますが、ビタミンB群やビタミンCなどの水溶性ビタミンは必要量を超えた分は尿から排泄され、体内に蓄積することができません。毎日の食事でこまめに摂取するのが理想的ですが、食事で摂るのが難しい場合、口内炎を早く治したい場合には、ビタミン剤やサプリメントを活用しましょう。

ビタミンB群をバランスよく補給することが重要

ビタミンB群は、どれかひとつだけ集中的に摂っても効果を発揮しにくく、互いに関連して、助け合って機能します。つまり、ビタミンB1、B2、ナイアシン、B6などをなるべく同時に、バランスよく摂ることが大切なのです。ビタミンB群を含む食材と、それぞれの作用をチェックしてみましょう。

ビタミンB1を多く含む食材

ビタミンB1は糖質からのエネルギー産生や、脳や神経の働きに関与。不足すると糖質がうまくエネルギーにならないため、疲れやすくなったり、むくみやすくなったり、食欲不振を引き起こします。さらに不足すると脚気やウェルニッケ脳症という病気になることもあります。

  • 胚芽米・玄米
  • 豚肉
  • タラコ
  • うなぎ
  • ひらたけ

ナイアシンを多く含む食材

ナイアシンは糖質、脂質、タンパク質から、細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助する働きをし、皮膚や粘膜の健康維持にも働きます。不足するとペラグラ、口舌炎、胃腸の不調、皮膚炎などが起こりやすくなります。

  • カツオ
  • レバー
  • タラコ
  • 落花生(ピーナッツ)
  • 干しシイタケ
  • ひらたけ

ビタミンB6を多く含む食材

ビタミンB6はタンパク質の代謝や造血に関与。不足すると皮膚炎、湿疹、口内炎、免疫力の低下などが起こりやすくなります。

  • マグロ
  • サンマ
  • 牛レバー
  • バナナ
  • 肉類
  • にんにく

口内炎が痛むときの食事の工夫

口内炎を改善するには、炎症を終わらせて新たな粘膜を作り出すために必要な栄養素を摂る必要があります。しかし、口内炎で口の中が痛いと食欲が失せるのも事実です。食事をする際には下記のようなことに留意するといいでしょう。

  • 傷口を刺激する香辛料などは控える
  • 濃い味付けの料理は控える
  • 熱い食事よりも冷たい食事の方が痛みを感じにくい
  • やわらかく調理して食べやすくする

また、体内にあるビタミンを無駄に消費しないためにも、下記のことに気をつけるとよいでしょう。

  • たばこを控える、禁煙する
  • アルコールを控える、禁酒する
  • 糖分の多いお菓子を控える

この病気・症状の初診に向いている科 歯科口腔外科

今すぐ読みたい