スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

舌癌の可能性も!?舌の裏にできる口内炎の症状と治し方

更新日:2017/05/11 公開日:2015/03/02

口内炎の治し方・治療方法

舌の裏にできる口内炎について説明しています。症状・原因は唇の裏側や歯茎できる口内炎と同じであるものの、舌裏の口内炎は痛みがつらいのが特徴。痛みを少しでも和らげる方法や、他の病気の可能性についても医師の監修のもと説明します。

舌の裏側が痛いと思って鏡を見たら、口内炎を発見。「あまりできない場所だけに、別の病気の兆候?」と不安になる人もいるかもしれません。ここでは、舌の裏にできる口内炎の原因や治し方、また通常の口内炎と症状が異なる場合に考えられる病気についても紹介します。

話をしたり、唾を飲み込んだりするだけでも痛みが

口内炎の中で最も一般的なアフタ性口内炎は、唇の裏側や歯茎だけでなく舌裏にもできます。よって、舌に口内炎ができたからといって、怖い病気を心配する必要はありません。舌にできた小さな傷が炎症を起こしたり、体力の低下によって口の中の細菌が増殖したりして、口内炎ができたと考えられるでしょう。

ただし、舌裏の口内炎はやっかいな存在です。他の部分にできた口内炎とは異なり、話をしたり、唾を飲み込んだりするだけでも痛みを感じます。そのため、1〜2週間程度で自然治癒するのを待つのはつらく、少しでも早く治したいと思う人が多いでしょう。

2週間以上治らない、症状に違和感がある時は病院へ

舌の裏にできた口内炎を早く治すための方法は、基本的に他の部分にできたアフタ性口内炎と同じです。口内炎を発見した早めのタイミングで、治療を行うことが大切。殺菌作用のあるうがい薬やマウスウォッシュで1日数回うがいをし、口の中を常に清潔に保ちます。そして、粘膜を守る働きを持つビタミンB2を補給し、栄養バランスや生活環境の改善を試みましょう。

痛みが辛い場合は、市販薬を使用して症状を軽減することもできます。しかし、舌は頻繁に動かため、塗り薬や貼り薬は取れやすいのが難点。とにかく痛みを軽減したい時は、舌の付け根にも届きやすいスプレータイプの薬をこまめに使用するのがおすすめです。一時的ではありますが、瞬間的に痛みを抑えることができます。

なお、2週間を過ぎても治らない場合や、普通の口内炎と症状が違う時は、口腔外科へかかりましょう。特に、舌が白く変色したり、舌が硬くなったり、舌にしこりができたりしている場合は、舌癌である可能性もあります。舌癌の初期症状は口内炎とよく似ており、進行するまで放置されてしまうことも少なくありません。違和感を感じたら医師に相談することが大切です。

この病気・症状の初診に向いている科 歯科口腔外科

今すぐ読みたい