スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

子供の低身長症の基準・目安

更新日:2018/07/26 公開日:2015/03/31

低身長症

子供の背が伸びない「低身長症」。心配な場合は早めに医療機関を受診して検査をすることが求められますが、どの程度の低さであれば受診を検討すべきなのでしょうか。子供の低身長症の基準・目安について、ドクター監修の記事で解説します。

「うちの子は、周りの子に比べて背が低いけど大丈夫かな?」と心配する保護者の方は、意外と多いものです。どのような状態であれば「低身長症」が疑われるのでしょうか。医療機関を受診する目安となる、低身長の基準をご紹介します。

低身長症の目安は?

医学的な「低身長症」の定義には、以下の2通りがあります。

(1)平均身長に比べて-2SD以下

SDとは「Standard Deviation」の略で、標準偏差のことを指します。標準偏差とは、平均値からどの程度離れているかという幅です。

身長の標準値は+2SD~-2SDで表わされ、約95.5%の子供の身長は、この間に入ります。-2SD以下の場合は低身長症と認められます。

SD値は、男女ごと・月齢別に割り出されます。

例えば、男児の場合、5歳0か月の平均身長が106.7cmで-2SD値は98.1cm、6歳0か月の平均身長が113.3cmで-2SD値は103.8cm。女児の場合、5歳0か月の平均身長が106.2cmで-2SD値は97.7cm、6歳0か月の平均身長が112.7cmで-2SD値は103.4cm

という具合です。

子供の身長が心配のない範囲であるかどうかは、成長曲線を付けてみるとすぐにわかります。成長曲線とは、0歳から17歳までの身長を折れ線グラフで示すもので、母子手帳に記載されているほか、日本小児内分泌学会をはじめとしたさまざまなサイトからも用紙をダウンロードすることができます。用紙には、あらかじめ男女それぞれの月齢の平均値とSD値が印刷されているケースが多く、そこにお子さんの身長を書き込むことで+2SD~-2SDの間の正常値内かどうかをチェックすることができます。

(2)身長は正常値(-2SD以上)であっても、1年間の伸びが悪い

1年間の成長率(伸び率)が、同性同年齢の子供の年間成長率平均値の-1.5SD以下(約80%以下)で、これが2年以上続く場合も低身長症と認められます。

例えば、小学校低学年の頃の1年間の平均成長率および-1.5SD値は、以下のようになります。

・男子の場合

6~7歳:平均5.8cm、-1.5SD値4.5cm

7~8歳:平均5.7cm、-1.5SD値4.5cm

8~9歳:平均5.3cm、-1.5SD値4.3cm

・女子の場合

6~7歳:平均5.9cm、-1.5SD値4.9cm

7~8歳:平均5.5cm、-1.5SD値4.4cm

8~9歳:平均5.3cm、-1.5SD値4.1cm

この頃は、男女ともに1年間の伸び率が4cm以下(80%以下)で、それが続くようであれば、身長の伸びが通常よりも遅い(悪い)と判断されます。

平均身長が印刷された成長曲線グラフに子供の身長を書き込んだ時、身長自体は標準内であっても急に伸びが横ばいになっているといった状態が続くようであれば、要注意と言えるでしょう。

低身長が心配な時はどうする?

低身長が疑われる場合は早めに医療機関を受診し、その原因になっている病気が隠れていないか検査してもらいましょう。検査の結果、成長ホルモンの分泌不全によって身長の伸びに影響がでていると分かった場合は、ホルモンを投与する治療によって低身長の改善が期待できます。

ただし、ホルモン療法による効果が得られやすいタイミングは、思春期が訪れるまでとされています。思春期に入ると、男性ホルモンや女性ホルモンの分泌が活発になり、男子の場合は声変わりや発毛、女子の場合は胸が膨らむ、生理が始まるなどの体の変化が訪れます。この男性ホルモンや女性ホルモンといった性ホルモンは、柔らかく伸びる子供の骨を強く固い大人の骨に変えていく働きがあります。そうなると骨の成分も変わってくるため、ホルモン治療の効果は期待するほど出なくなってくるのです。個人差もありますが、現在の日本では男子は14歳、女子は12歳までに96%が思春期を迎えるとされているので、その前に治療を終えられるよう、早めにスタートすることが大切です。

この病気・症状の初診に向いている科 整形外科

今すぐ読みたい

ヘルスケア本