スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

美腹になる!女性の腹筋の特徴と効果的なトレーニング方法

更新日:2018/06/20 公開日:2015/06/25

女性の腹筋の鍛え方

シュッとくびれたウエスト、引き締まったお腹に憧れる女性は多く、女性でもできる簡単な腹筋トレーニング法なども紹介されていますが、女性は男性に比べ、筋肉が鍛えにくい傾向にあります。ここでは、女性の腹筋の特徴や美腹になる腹筋トレーニングをご紹介します。

シュッとくびれたウエストに、引き締まったお腹は女性の憧れです。年齢と共に目立ってくるぽっこりお腹をどうにかしたいと、頑張って腹筋を始めようと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、女性は男性に比べ、腹筋を鍛えにくい傾向があります。

女性の腹筋の特徴

女性はライフイベントに出産があることから、男性に比べて長く継続的な運動に向いている「遅筋(ちきん)」という筋肉の量が多い体だといわれています。

筋肉には、瞬間的に大きなパワーを発揮できる「速筋(そっきん)」と「遅筋」の2種類があります。女性の身体に多い遅筋は、トレーニングなどで大きく成長することはほとんどありません。女性が筋トレをしても男性のようにがっちりとした筋肉になりにくいのは、女性の筋肉構造が理由なのです。

さらに、女性は男性よりも皮下脂肪が厚いため、たとえウエイトトレーニングで腹筋を鍛えてもはっきりと割れた状態が見えにくいのです。女性は、もともと男性より筋肉の量が3割程度少ないこともあって、シックスパックのように腹筋を割るのはとてもハードルが高いのです。

そうはいっても、すっきりとしたウエストラインは女性の憧れ。ぽっこりお腹を防いで、理想のボディを目指すためにも、腹筋トレーニングは有効です。さらに、腹筋を鍛えると、便秘の対策などにもつながり、健康面でもメリットがあります。

美腹のためのトレーニング法

しなやかさがありながらも、その下に引き締まった筋肉がうっすらと見えるような、美しいお腹が目指せるトレーニング法をご紹介します。

  1. 両ひざを立てた状態で、床に仰向けになる
  2. 息を吐きながら上半身をゆっくり起こし、お腹を覗き込むような体勢に。目線はおへそに向け、顔だけ突き出さないように注意しながら、腹筋に刺激を感る程度がポイント
  3. 仰向けに戻るときもゆっくりと、息を吐きながら行う。このとき、手で床を押さないように注意
  4. 次に、息を吐きながら、ゆっくりとお尻を持ち上げる。足の付け根を伸ばすようにお尻を高く押し上げる。このとき、両ひざが開かないように注意。足の裏で床をしっかり踏み込むようにする
  5. ゆっくりと息を吐きながら仰向けに戻る
  6. 8回を目安に2つの動きをくりかえします。

※セットで行うとさらに効果的!美しいくびれを目指すトレーニングは『くびれ美人になる腹筋の鍛え方・トレーニングとエクササイズ』をご覧下さい。

ヘルスケア本