スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

境界型糖尿病(糖尿病予備軍)の症状と原因

更新日:2016/12/09 公開日:2015/06/24

糖尿病の基礎知識

まだ糖尿病と診断はできないながらも、危険水域に入っている状態のことを「境界型糖尿病(糖尿病予備軍)」といいます。ここでは、この境界型糖尿病の症状や原因、注意点などをご紹介していきます。

健康診断や人間ドッグで血糖値の検査を受けると、「境界型糖尿病」と診断されることがあります。この境界型糖尿病は、糖尿病とどう違うのでしょうか?今回は、境界型糖尿病の症状や原因についてお話していきます。

境界型糖尿病とは

「境界型糖尿病」とは、血糖値の高さが、糖尿病というほど高くはないけれども、正常の範囲を超えている(糖尿病と正常の境目にある)という意味で、いわゆる「糖尿病予備群」のことを言います。

具体的には、空腹時の血糖値が110~125mg/dL、ブドウ糖負荷2時間後血糖値(75gのブドウ糖を水に溶かして飲み、2時間後の血糖値)が140~199mg/dLのどちらか、または両方に該当した場合に、境界型糖尿病と診断されます。

境界型糖尿病の症状

糖尿病の症状には、尿の量や回数が増える、喉が渇く、食べているのに痩せる、疲れやすくなるなどといったものがあります。しかし、こういった症状が現れるのは、病気がかなり進行してからなので、境界型の段階では、自覚症状が現れることはほとんどありません。このため、境界型と診断されても、それほど大事ととらえず、油断してしまう人もいるようです。

しかし、境界型の人は、数年以内に、糖尿病を発病する確率が高いことが明らかになっています。また、糖尿病を発症していなくても、境界型でブドウ糖負荷2時間後の血糖値が高い人は、「動脈硬化」が進行しやすい傾向があります。

動脈硬化とは、血管が硬くなったり、狭くなったりして、血液の流れが滞っている状態のこと。動脈硬化にも自覚症状はありませんが、そのままにしていると、血管が詰まったり、破れたりして、「心筋梗塞」や「脳梗塞」「脳出血」などを引き起こす可能性があります。

境界型糖尿病の原因

健康な人の場合、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなり過ぎることがないよう、インスリンというホルモンによってコントロールされています。インスリンは、食事をしたりして血糖値が上がると、細胞に血中のブドウ糖を取り込ませ、活動エネルギーとして利用できるようにしたり、グリコーゲンや脂肪に作りかえて、肝臓や脂肪細胞に蓄えたりしています。

しかし、糖尿病や境界型糖尿病の人は、インスリンの分泌量が不足していたり、働きが弱くなったりしているので、血中のブドウ糖をきちんと消費できず、血糖値が高い状態が続いてしまうのです。これは、遺伝的な体質に加えて、食べ過ぎや運動不足、肥満、喫煙、ストレスなどといった生活習慣が積み重なることでも起こります。

境界型を診断されたら、食生活や運動習慣の改善、肥満の解消、禁煙、ストレスの軽減などを行い、意識的に血糖値を下げるようにしていくことが重要です。

この病気・症状の初診に向いている科 内科

ヘルスケア本