スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

母乳外来で受けられる診察内容とは

更新日:2016/12/09 公開日:2015/07/31

母乳の増やし方

母乳外来について、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。どのようなときに母乳外来へ行ったらよいのか。また、母乳外来ではどのような診察が行われるのかを知っておけば、いざというときに役立ちます。

医師と母子

「母乳外来」のことを、どこまでご存じですか? 「母乳外来」という言葉を知っていても、実際にどのような診察が行われているのか知らない方も多いかもしれません。母乳外来のことを理解しておけば、困ったときにきっと役立つでしょう。

こんなときには母乳外来へ

母乳外来とは、産婦人科や助産院などで行っている助産師による乳房ケアや母乳育児サポートのことです。

母乳育児は、スムーズにいくことばかりではありません。特に、初めて出産した方は戸惑うことが多いでしょう。そのようなときに頼りになるのが、母乳外来です。母乳外来で、母乳ケアのプロである助産師に相談するとよいでしょう。

母乳だけでなく、育児の相談にのってくれるところもあります。次のような悩みがあるときには、母乳外来を利用してみてはいかがでしょうか。

・母乳が出ない、母乳の量が足りない気がする

・母乳が出過ぎて困っている

・母乳育児がつらい、授乳がうまくできない、赤ちゃんが飲んでくれない

・乳房・乳首が痛い、乳首が切れてしまった、乳房にしこりがある

・乳腺がつまった、乳腺炎になったかもしれない(急な高熱、寒気など)

・赤ちゃんの体重が増えなくて心配

・ミルクと混合にしたいが母乳との割合をどうしたらよいかわからない

・卒乳・断乳後のケアをお願いしたい

母乳外来で行われる診察とは

母乳外来は、基本的に完全予約制です。必ず予約をしてから来院するように気をつけてください。場合によっては、急患を受けつけているところや往診をしてくれるところを利用するとよいでしょう。

診察は相談内容によって異なりますが、主に次のようなことが行われます。

・授乳の様子を確認してから授乳方法をアドバイス

・乳房マッサージやケア(セルフケアのやり方)

・赤ちゃんの体重増加を確認

・トラブルの対処法を指導

特に乳房マッサージは時間をかけて丁寧にやってもらえるので効果的です。母乳の出が悪いと悩んでいる方は、助産師にマッサージをしてもらうとよいでしょう。

また、母乳だけでなく離乳食のことや育児の悩みについても相談にのってもらえます。

赤ちゃんを育てていると、不安になることやわからないこともたくさんでてくるでしょう。しかし、いざとなったら頼れる場所があるだけでも安心できるはずです。ひとりで悩まずに、気軽に母乳外来を利用してみてください。