スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

慢性的な疲労感の原因は、生活習慣にあり!

更新日:2016/12/09 公開日:2015/07/31

慢性疲労の基礎知識

日常的に疲労感を感じる方は、とても多いのです。ここでは生活習慣の中に潜む、疲労感の原因について、睡眠不足・ストレスの蓄積・偏った食生活それぞれの観点から、ドクター監修の元、解説していきます。

疲れた女性

不規則な生活による睡眠不足による疲労感とは

働き過ぎによる休息の不足や、慢性的な睡眠不足によって心身ともに疲労がたまってしまうと、倦怠感やだるさといった自覚症状が出てきます。またいくら睡眠時間が長くても昼夜が逆転する生活などの不規則な睡眠時間では、良質な睡眠を取れていない場合があります。不規則な生活を原因とした睡眠不足は疲労感だけでなく、作業効率の低下や免疫力の低下など悪循環を生み出します。生活習慣を見直し、良質な睡眠を取れるよう心がけることが大切です。

仕事や人間関係によるストレスの積み重ねを原因とする疲労感とは

人間関係や仕事、試験などで生じるプレッシャー、転職や引っ越し、結婚などの環境の変化を原因とし、自分が思うよりも強くストレスを受けていることがあります。こういった精神的なストレスが蓄積されると元気な時よりもだるく感じたり、ひどい倦怠感を感じたりします。また継続してストレスを感じ続けると、うつ病や心身症などの精神疾患へと発展してしまう恐れもあります。積極的に気分転換を図るなどして、ストレスをためないよう気をつける必要があります。

偏った食生活による栄養バランスの乱れを原因とする疲労感とは

健康のためには正しい食生活を送ることも重要です。しかし、仕事や人づきあいの外食などによって、食生活のバランスが崩れてしまうと、体に必要な栄養素が不足し、代謝が悪化することによって疲労感を感じることになります。

また、栄養バランスが崩れると、人間の体の中では、エネルギーを作り出す「TCAサイクル」がうまく働かなくなります。摂取した3大栄養素の炭水化物、タンパク質、脂質は、それぞれがブドウ糖、アミノ酸、脂肪酸・グリセロールなどへと分解され、体の全ての細胞で行われるTCAサイクルへと取り込まれます。このTCAサイクルは、エネルギーの材料が全ての細胞に届けられることでうまく回っています。このサイクルがうまく回らないと、エネルギー不足による疲労感を引き起こします。特にその影響を受けるのは、ブドウ糖をもっとも必要とする脳ですが、ブドウ糖を蓄積することができないためにすぐに影響が出てしまいます。

また、女性に多いのが、鉄分の不足を原因として起こる貧血です。ヘモグロビンは、鉄と結合していることで血液の中で酸素を運ぶことができるため、鉄分が不足すると貧血を起こしてしまうのです。貧血を起こすと全身が酸欠状態になり、疲労感と強い倦怠感が生じます。

疲労を悪化させないためにも、こうした必要な栄養素が不足しない、バランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。