スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

インプラントの術後の経過と注意点                          

更新日:2016/12/09 公開日:2015/10/29

インプラントの治療・手術

インプラント手術は入院をする必要がないため、すぐに日常生活に戻ることができます。しかし、術後は感染症などが発症しやすいため、注意が必要です。手術後はどんなことに気をつけるべきか、そのポイントを紹介していきます。

インプラントの術後の経過と注意点

インプラント手術が終わったあとは、どのような経過をたどるのでしょうか。術後の経過と過ごし方について解説します。

インプラントの術後の経過

通常、インプラント手術が行われた後は、経過をみて約1週間後に抜糸します。それ以降、だいたい1週間ごとに経過をみていくのですが、経過を観察するのと同時に、歯についた汚れをとったり、歯みがきのやり方を指導したりといったメンテナンスも行われます。

このメンテナンスをきちんと受けていないと、細菌に感染するなどしてインプラント周囲炎を起こしてしまうこともあります。

特に気をつけたいのは、手術が終わってから歯茎が治るまでの期間です。手術で歯茎を切開しているため、そこから異物が入り込み、炎症を起こしてしまうケースがあるのです。歯茎が治るまでは口の中をいつも清潔に保つなど、注意を払う必要があります。

インプラント手術後の注意点

インプラント手術では歯肉を切開してあごの骨を削っているため、術後それらが完治するまでには、ある程度の日数を要します。この期間、特に注意すべき点は、以下のようなものになります。

手術後に気をつけるべきこと

・ 手術が終わった直後は、麻酔によって口の中に感覚がないため、下や頬の粘膜を噛まないようにする
・ 術後2〜3日は、傷口のかさぶたがはがれ、出血する恐れがあるため、強いうがいは控える
・ 硬い食べ物や辛い食べ物、香辛料がたくさん使われている食べ物を避ける
・ 飲酒は担当医の許可が出てから開始する
・ 医師に指導されたうがい、歯みがきなどのセルフケアをきちんと行う
・ 手術した箇所や、腫れや痛みをともなう箇所を舌や指で触らない
・処方された内服薬(頓服薬以外)は、指示通りに飲みきる

術後に経過を見ていく中で、口の中に異変を感じたらその都度医師に相談するようにしましょう。
また、術後の痛みや腫れは通常1週間程度で治まってきます。万が一強い痛みを感じたり、1週間以上痛みがある場合は、すぐに医師に相談しましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 歯科

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

関連Q&A

ヘルスケア本