スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

グルコサミンとコンドロイチンの違いとは?

更新日:2016/12/09 公開日:2015/08/31

グルコサミンの基礎知識

関節によいと知られる「グルコサミン」と「コンドロイチン」それぞれの特徴と効果について、ドクター監修の記事でお伝えします。関節の痛みをやわらげるために望ましいグルコサミンとコンドロイチンの摂取法もご紹介します。

関節によいといわれるサプリメントなどに使われることが多いのが、「グルコサミン」と「コンドロイチン」です。このふたつの成分には、どのような違いがあるのでしょうか。また、グルコサミンとコンドロイチンが両方含まれているサプリメントなどが多い理由もお伝えします。

グルコサミンとコンドロイチンの違い

グルコサミンは、糖とアミノ酸が結びついたアミノ糖と呼ばれる物質のひとつです。軟骨や腱、爪、皮膚などに広く存在し、細胞や組織を結合する役割を担っています。

一方、コンドロイチンは軟骨や靭帯、角膜、血管壁などに存在するムコ多糖の成分です。ムコ多糖とは、細胞と細胞の間を構成しているネバネバとした結合組織の基礎物質で、体の弾力のある場所に存在し、組織の伸縮を助けています。

ここでポイントとなるのは、コンドロイチンはグルコサミンから合成されているということです。

効果の違い

グルコサミンは関節軟骨の主成分であるグリコサミノグリカンの材料となり、関節軟骨を強化する働きがあります。さらに、骨をつくり出す軟骨芽(なんこつが)細胞を刺激して、活性を高める作用があるのです。そのため、関節軟骨の損傷や老化防止に有効だとされています。

そして、体の組織における潤滑油の役割をしているコンドロイチンは、保水性と弾力性を与える役目も果たしています。みずみずしくハリのある肌、ひざなどの関節のスムーズな動きはコンドロイチンの作用によるものです。コンドロイチンを摂取することで、関節痛緩和のほか、肌の弾力性や保湿性を高めることが期待できます。

グルコサミンは軟骨をつくっている成分です。グルコサミンは、細胞や組織を結びつけたり、軟骨を再生する働きがあります。その骨組みを取り囲み、軟骨に強さとしなやかさを与えているのがコンドロイチンです。

コンドロイチンとグルコサミンの役割にはこのような違いがあります。

関節の痛みにはグルコサミンとコンドロイチンを一緒に

グルコサミンもコンドロイチンも関節軟骨に多く含まれている物質です。役割は少し異なりますが、関節の動きをなめらかにして痛みをやわらげるためにはどちらも欠かせません。しかし、グルコサミンは年齢を重ねるにつれて減少していき、さらに、そのグルコサミンから生成されるコンドロイチンも減っていきます。

グルコサミンとコンドロイチンはそれぞれ役割が異なるため、減少していくこのふたつを同時に摂取して補充するのが理想。軟骨がすり減って起こる関節の痛みなど、さまざまな老化現象をそれぞれの役割からサポートすることができ、相乗効果が期待できるのです。